【沖縄ホテル】 クラブフロア・クラブラウンジ比較ランキング No.1は?? おすすめ子連れ沖縄旅行ブログ

2020-07-07

クラブラウンジ

はじめまして。

ホテルのクラブラウンジにはまってしまった、普通のサラリーマンをしているfです。

新型コロナウィルスの影響で海外には行けないし、夏休みだけでなく国内旅行といえば、沖縄と考える人は多いと思います。

「大金を払って、貴重な休暇の時間を使って沖縄に行くのなら、絶対に失敗したくない!!

「色々なサイトできれいな写真が載っているけれど、実際のところどうなの??

と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

10年以上毎年、沖縄のリゾートホテルに宿泊してきた私の経験を書かせて頂きました。

拙い文章ではございますが、沖縄旅行のご参考にして頂ければ幸いです。

 

目次

沖縄ホテルのクラブラウンジランキングNo.1はハレクラニ沖縄、、、リッツ・カールトン沖縄!?

沖縄のリゾートホテルのクラブラウンジを経験した中から比較すると、トップ3は以下の様になると思います。

残念ながら、リッツ・カールトン沖縄のクラブラウンジは新型コロナウィルスの影響により、経験できなかったのでランキングにのせられませんでした。。

しかし、東京、大阪のリッツ・カールトンから想像すると、沖縄もかなり期待できるのではないかと思っています。なので、暫定のランキングと考えてください!!

1位 ハレクラニ沖縄 

2位 ブセナテラス  

3位 ウザテラス   

    リッツ・カールトン沖縄

以下、宿泊したリゾートホテルのクラブラウンジについて、点数を付けましたのでご参考にして頂ければ幸いです。

 

まず、クラブラウンジはとってもお得!!

私は、とある経験から多少高くともリゾートホテルに宿泊する時には、クラブラウンジのあるホテルに宿泊することにしています。

クラブラウンジはそれが利用出来ることで、旅行が何倍も有意義なものになる上に、とてもお得であると知ったからです。

旅行していると、こんな事を思うことが多いと思います。

「ちょっと疲れたから何か飲みたいなぁ、、、」

「ちょっと小腹が空いたなぁ、、、」

「疲れたから夕食はあまりいらないけど、食べないのはなぁ、、、」

「今日は外出の時間は減らしてゆっくりしたいなぁ、、、」

このような時にクラブラウンジを利用出来ると、自分のお部屋に加えてゆっくりできてなんでも頼めるプラスワンのお部屋が持てるので、とても便利です。

しかも、ラウンジ内では食べ放題、飲み放題となっていて、宿泊料金に全て含まれています

追加料金など一切発生しない点もありがたいです。

 

クラブラウンジ・クラブフロアがある沖縄のリゾートホテルは20

下記は沖縄のホテルで、クラブラウンジがあるリゾートホテルの一覧です。

  1. 沖縄ハーバービューホテル(那覇市)
  2. ホテル コレクティブ(那覇市)
  3. ザ・ナハテラス(那覇市)
  4. ノボテル沖縄那覇(那覇市)
  5. ハイアットリージェンシー那覇(那覇市)
  6. ヒルトン沖縄北谷リゾート(北谷町)
  7. ジ・ウザテラス(読谷村)
  8. ジ・アッタテラス クラブタワーズ(恩納村)
  9. 沖縄スパリゾートエグゼス(恩納村)
  10. ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート(恩納村)
  11. ハイアットリージェンシー瀬良垣 アイランド沖縄(恩納村)
  12. ルネッサンス リゾート オキナワ(恩納村)
  13. ハレクラニ沖縄(恩納村)
  14. ザ・リッツ・カールトン沖縄(名護市)
  15. ザ・テラスクラブ アットブセナ(名護市)
  16. ザ・ブセナテラス(名護市)
  17. オキナワ マリオット リゾート&スパ(名護市)
  18. ヒルトン沖縄瀬底リゾート(瀬底島)
  19. ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ(本部町)
  20. オクマ プライベートビーチ & リゾート(国頭村)

宿泊したことがあるホテルのクラブラウンジについて点数をつけさせて頂きました。

宿泊できないもしくは予定がないホテル のクラブラウンジについては、残念ながら点数はつけられないため、紹介に留めています。

今までクラブラウンジを利用したことの無い方今後利用してみたいと思っている方沖縄のホテル選びに迷っている方には、ご参考として頂ければ幸いです。

(もちろん、クラブラウンジをご利用されてきた方にもご参考にして頂けると思います。)

クラブラウンジの評価ポイント

多くのクラブラウンジを経験して、下記の7点が満足度につながると思いました。

宿泊したホテルのクラブラウンジについて、下記の順番にて各項目5点満点で点数をつけさせて頂きました(合計35点満点)

  • 広さ
  • ラウンジの豪華さ
  • 居心地/快適さ
  • カクテルタイムのミール数
  • 景色
  • スタッフの対応

 

宿泊した7つのリゾートホテル

1.ザ・ブセナテラス

項目 評価
ラウンジの広さ 4.5
ラウンジの豪華さ 4.5
居心地の良さ/快適さ 5.0
ミールの数 3.0
4.5
景色 5.0
スタッフの対応 4.0
合計 30.5

個人的にとても大好きなホテルです。何度も宿泊しており、ここ最近はクラブラウンジ付きのお部屋にしか宿泊していないくらいクラブラウンジの満足度は高いです。

数あるクラブラウンジの中でも満足度は高いのですが、カクテルタイムのミール数が少ないというのが残念でなりません。種類をもうちょっと増やして頂ければ最高です!!

ホスピタリティは素晴らしいですのですが、過去に一度だけ1人のスタッフの対応がとても不快に感じる事がありましたので、4.0としています。(その経験が無ければ間違いなく5.0でしたので、基本的には5.0です。)

宿泊プランなので仕方のないことですが、クラブラウンジ付きのお部屋を予約すると、基本的にお部屋はクラブラウンジがある棟になります。

ブセナテラスでは、プールと海が一緒に見える位置の部屋がベストだと思っており、クラブラウンジがある棟からはプールが見えないので、お部屋(コーナースイートは除く)からの景色はやや残念に感じています。

ひとくちポイント

クラブラウンジの満足度は高いものの、ミールの提供種類がやや少ない

 

ブセナテラスのクラブラウンジ

クラブラウンジ内

 

ブセナテラスのクラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
ブレックファスト 7:00-10:00
ティータイム 14:00-16:00
カクテルタイム 18:00-20:00

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋

  • クラブフロア デラックスエレガント(43㎡)
  • テラススイート(71㎡)
  • クラブスイート(76㎡)
  • デラックススイート/コテージ(65㎡)
  • スーペリアスイート/コテージ(66㎡)
  • ラグジュリアススイート/コテージ(66㎡)
  • プレジデンシャルスイート/コテージ(126㎡)

年齢による利用制限

なし。未就学児の子連れでも問題なく利用可能だが、6歳以上は大人料金。

コテージの宿泊は13歳以上のみ宿泊可能。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

デラックスエレガントの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)100,000円~110,000円(ラウンジ有り)
  • 1泊朝食付(2名)80,000円~90,000円(ラウンジ無し)

 

2.オキナワ マリオット リゾート&スパ

項目 評価
ラウンジの広さ 4.0
ラウンジの豪華さ 3.0
居心地/快適さ 3.0
ミールの数 3.0
4.0
景色 3.5
スタッフの対応 3.0
合計 23.5

オキナワマリオットのクラブラウンジは2ヶ所『Ocean』『Forest』)。

『Ocean』は16歳以下の利用は出来ず子連れは『Forest』を利用することになります。

『Ocean』は16歳以下でも朝食時の利用は許されていますので、朝食時以外は子連れだと廊下の一角のようなラウンジ(『Forest』)??にしか行けないことになっています。

我が家は16歳以下の子供がいるので、廊下の一角を利用することになりました。廊下の一角だったので、高級感もなく、スタッフも常にいるわけではなく、正直な感想として、「これをクラブラウンジと言ってもいいのかな??」と思ってしまいました。

とは言え、料理の味についてはさほど悪くはありませんでしたので、ちょっと気分転換というくらいの利用ならば、許容範囲でしょうか。

ひとくちポイント

子連れでは利用しづらいラウンジ

 

マリオットのクラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

『Ocean』 時間
朝食 6:30-11:00
カクテルタイム 17:30-19:30
デザートタイム 19:30-21:30
『Forest』 時間
朝食 6:30-11:00
ティータイム 11:00-17:30
カクテルタイム 17:30-19:30
デザートタイム 19:30-21:30
ミッドナイト 21:30-24:00

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋

  • エグゼクティブルーム(44.6~46.3㎡)
  • スイートルーム(64.9~68.4㎡)

年齢による利用制限

『Ocean』は朝食時以外、16歳以下は利用不可。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

スタンダードルーム7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)50,000円~60,000円(ラウンジ有り)
  • 1泊朝食付(2名)40,000円~50,000円(ラウンジ無し)

 

3.ハイアットリージェンシー瀬良垣 アイランド沖縄

項目 評価
ラウンジの広さ 4.5
ラウンジの豪華さ 4.0
居心地/快適さ 4.5
ミールの数 5.0
4.0
景色 3.0
スタッフの対応 4.5
合計 29.5

2018年の開業間もない頃に利用しました。

クラブラウンジの目の前にレストランの大きな三角屋根があり視界の7割程度を遮っているので、景色については「??」と感じざるを得ません。

しかし、ハイアットリージェンシー瀬良垣のクラブラウンジは、クラブラウンジの広さ、カクテルタイムのミールの数の多さから満足感の高いものでした。

建物の構造上仕方がないとは思うのですが、内容などの満足度が高いだけに残念でなりません。

ひとくちポイント

クラブラウンジの満足度は高いものの、景色が良くない

 

H瀬良垣のクラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
営業時間 7:00-21:00
ブレックファスト 7:00-10:00
ティータイム 10:00-17:00
カクテルタイム 17:00-19:00

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋

  • クラブ オーシャンフロントビュー(38㎡)
  • クラブプレミアム オーシャンビュー(51㎡)
  • リージェンシー スイート(74~76㎡)
  • ハーバースイート(79㎡)
  • オーシャンコーナースイート(106㎡)
  • サンセット スイート(114㎡)
  • サンセット コーナースイート(121㎡)
  • 瀬良垣アイランドスイート(181㎡)

年齢による利用制限

なし。未就学児の子連れでも問題なく利用可能。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

オーシャンフロントビューの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)70,000円~80,000円(ラウンジ有り)
  • 1泊朝食付(2名)60,000円~70,000円(ラウンジ無し)

 

4.ハイアットリージェンシー那覇 沖縄

項目 評価
ラウンジの広さ 4.5
ラウンジの豪華さ 4.5
居心地/快適さ 3.0
ミールの数 5.0
4.5
景色 4.5
スタッフの対応 3.5
合計 29.5

ハイアットリージェンシー那覇のクラブラウンジは、ハイアットリージェンシー瀬良垣と同系列のホテルということもあり、とても満足感が高い印象です。ラウンジの豪華さやミールの味は瀬良垣を超えています

ただ、那覇市内にあるためか、クラブラウンジ利用者にファミリー層が少なかった印象であり、そのためクラブラウンジはかなりの静かな空間となっていました。会話をする方もポツポツ。。。

我が家は子供連れですので、子供のちょっとした声も(そんなに大きくないのに)目立ってしまい、その度にスタッフの方に注意されてしまいました。それ故に居心地は良くは無かったです。

それ以外の点は良かったので、お一人でゆっくりという方にはとても良いかもしれません。

ひとくちポイント

クラブラウンジの満足度は高いものの、子連れにはやや厳しい

 

H那覇のクラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
営業時間 7:00-22:00
ブレックファスト 7:00-10:00
デイタイム 10:00-17:00
カクテルタイム 17:00-19:00

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋

  • クラブ ツイン(28㎡)
  • クラブ デラックス ツイン(32㎡)
  • リージェンシー スイート(56㎡)
  • リージェンシーエグゼクティブ スイート (64㎡)

年齢による利用制限

なし。未就学児の子連れでも問題なく利用可能。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

ツインルームの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)20,000円~30,000円(ラウンジ有り)
  • 1泊朝食付(2名)10,000円~20,000円(ラウンジ無し)

 

5.ヒルトン沖縄北谷リゾート

項目 評価
ラウンジの広さ 4.5
ラウンジの豪華さ 4.0
居心地/快適さ 4.0
ミールの数 4.5
4.0
景色 4.0
スタッフの対応 4.0
合計 29.0

本島中部の北谷にあるため、沖縄リゾートを満喫する沖縄旅行ということになると、「あまり滞在場所としてはおすすめではないかなぁ」と思うホテルです。

ただ、ヒルトン沖縄北谷のクラブラウンジは、カクテルタイムのミール数が多いことなどを考慮するととても満足度は高いです。

クラブラウンジは9階にあり、ある程度の広さを確保しており、ホスピタリティも悪くはないので居心地も悪くはないです。ただ、オーシャンフロントではないことから、アメリカンビレッジの観覧車がよく見えるビューとなっているものの、景色がちょっと残念な感じがしました。

なお、同じヒルトンブランドでビーチリゾートの「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」が2020年7月に開業しています。

ひとくちポイント

クラブラウンジの満足度は高いものの、ホテルのロケーションが微妙

 

ヒルトン北谷のクラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
営業時間 7:00-21:00
朝食 7:00-10:00
イブニングカクテル 17:00-19:00
オールデースナック 7:00-21:00

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋

  • エグゼクティブ オーシャンビュールーム(37㎡)
  • エグゼクティブオーシャンビュールームwithテラス(37㎡)
  • スイートルーム(72㎡)
  • デラックススイートルーム(75㎡)

年齢による利用制限

なし。未就学児の子連れでも問題なく利用可能。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

オーシャンビュールームの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)50,000円~60,000円(ラウンジ有り)
  • 1泊朝食付(2名)40,000円~50,000円(ラウンジ無し)

 

6.ハレクラニ沖縄

項目 評価
ラウンジの広さ 4.0
ラウンジの豪華さ 5.0
居心地/快適さ 5.0
ミールの数 4.5
5.0
景色 5.0
スタッフの対応 5.0
合計 33.5

2019年に恩納村で開業した、ハワイのハレクラニの姉妹ホテルになります。

クラブラウンジはサンセットウィング棟(ホームページのトップページに出てくる景色が堪能できる棟)のエントランスを入って左側にあります。個人的には、沖縄のリゾートホテルの中でNo.1の充実度を誇るクラブラウンジだと思います。

広さはそこまで広くはないですが、高級感がありミールの量も質も良いです。景色はとても素晴らしく、ハレクラニ沖縄の売りである景色を、お酒を飲みながら堪能出来るため、とても満足感は高いです。

ハレクラニ沖縄に宿泊するのであれば、クラブラウンジ付きのお部屋をご予約されることをお勧めします。

ただ、残念なことに、シャンパンなどのアルコールはカクテルタイムのみとなっています。リッツ・カールトン沖縄の様に、カクテルタイム以外でも飲むことが出来たら、更に良いかも知れません。

ひとくちポイント

沖縄のリゾートホテルでNo.1のクラブラウンジ。お酒はカクテルタイムのみ。

 

ハレクラニ沖縄のクラブラウンジ

クラブラウンジ内

 

ハレクラニのクラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
ブレックファースト 7:00-10:30
ティータイム 10:30-14:00
アフタヌーンティー 14:00-16:00
カクテルタイム 17:00-20:00
スナック 20:00-21:00

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋

  • プレミアクラブオーシャンフロント(50㎡)
  • クリフヴィラ(82㎡)
  • ハレクラニ クリフヴィラ(165㎡)

年齢による利用制限

なし。未就学児の子連れでも問題なく利用可能。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

デラックスオーシャンビュールームの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)110,000円~120,000円(ラウンジ有り)
  • 1泊朝食付(2名)70,000円~80,000円(ラウンジ無し)

 

7.ジ・ウザテラス

項目 評価
ラウンジの広さ 3.5
ラウンジの豪華さ 5.0
居心地/快適さ 5.0
ミールの数 3.0
4.5
景色 5.0
スタッフの対応 4.0
合計 30.0

ウザテラスでは、全宿泊者がクラブラウンジを利用出来る運用となっています。ブセナテラスの系列であり、ブセナテラス同様満足度の高いラウンジとの印象です。

ウザテラスにもブセナテラスにも共通して言える事ですが、ミール数が少ないです。ただ、味については、ホテルのレストランとほとんど変わらない感じがしましたので、質は高いと思います。

広さについては、今まで経験してきたクラブラウンジの中でも狭い部類かも知れませんが、景色、居心地は格段に素晴らしいです。時折吹き抜ける風ご何とも言えず気持ちが良いものでした。

スタッフの対応については、1人だけ??な方がいらっしゃったので4.0に下げております。

この点もブセナテラスと共通しており、テラスホテルズのホテルでは一定程度仕方がないと認識していた方が良いのでしょうか。。。

ひとくちポイント

クラブラウンジの満足度はとても高いものの、ミールの提供種類が少ない

 

ウザテラスのクラブラウンジ

クラブラウンジの内

 

ウザテラスのクラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
営業時間 10:00~21:00
ティータイム 10:00~17:00
サンセットタイム 17:00~19:00

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋 (全室)

  • クラブプールヴィラ1ベットルーム(88㎡)
  • クラブプールヴィラ2ベットルーム(137㎡)
  • プレミアムヴィラ2ベットルーム(137㎡)
  • プルデンシャルヴィラ(4ベットルーム)(256㎡)

年齢による利用制限

なし。未就学児の子連れでも問題なく利用可能。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

クラブプーヴィラ1ベットルームの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

1泊朝食付(2名)120,000円~130,000円(ラウンジ有り)

 

今後宿泊予定のホテル

2020年は新型コロナウィルスの影響により、「ザ・リッツ・カールトン沖縄」と2020年7月開業の「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」に宿泊することが出来ませんでした。両ホテルについても、宿泊後更新したいと思います。

8.ヒルトン沖縄瀬底リゾート

項目 評価
ラウンジの広さ
ラウンジの豪華さ
居心地/快適さ
ミールの数
景色
スタッフの対応
合計

ヒルトン沖縄瀬底リゾートは、2020年7月の開業です。場所は、沖縄本島の本部町にある瀬底島となります。比較的美ら海水族館に近いです。

瀬底島の西側にはとてもきれいな瀬底ビーチが広がっており、ヒルトン沖縄瀬底リゾートは、そんな瀬底ビーチのビーチフロントのロケーションとなります。ヒルトン沖縄北谷は、沖縄リゾート感がほとんどなかったのですが、ヒルトン沖縄瀬底リゾートは、沖縄リゾート感満載のホテルになるものと想像しています。

また、ヒルトン沖縄瀬底リゾートにもクラブラウンジがあります。ヒルトン北谷のクラブラウンジ自体は、満足度は悪くなかったので、ヒルトン瀬底についても同等以上のものと期待しています。

沖縄リゾート感満載のクラブラウンジ付きのヒルトン瀬底リゾートに宿泊したと思います。

ひとくちポイント

沖縄リゾート感のあるヒルトンホテルのクラブラウンジは経験の価値あり!?

 

ヒルトン瀬底のクラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
営業時間 6:30-21:00
朝食 6:30-10:30
アフタヌーンティー 14:30-16:30
カクテルタイム 17:00-19:00

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋

  • エグゼクティブルーム/オーシャンビュー(36㎡)
  • エグゼクティブルーム/テラス、アウトドアバス付き(36㎡)
  • キングデラックススイート/オーシャンビュー(70㎡)
  • キングプレミアムスイート/オーシャンビュー(106㎡)

年齢による利用制限

なし。未就学児の子連れでも問題なく利用可能。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

ツインルーム(オーシャンビュー)の7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)70,000円~80,000円(ラウンジ有り)
  • 1泊朝食付(2名)50,000円~60,000円(ラウンジ無し)

期間限定ですが、ヒルトン沖縄瀬底リゾートに格安で宿泊する方法を書かせて頂きました。(失礼いたしました、終了いたしました)

 

9.ザ・リッツ・カールトン沖縄

項目 評価
ラウンジの広さ
ラウンジの豪華さ
居心地/快適さ
ミールの数
景色
スタッフの対応
合計

沖縄のリゾートホテルの中でとても評価が高い「ザ・リッツ・カールトン沖縄」ですが、残念なことにクラブラウンジがありません。日本にあるリッツ・カールトンの中では、東京、大阪にはクラブラウンジがあるのですが、京都、日光、沖縄には無いのですね。(2023年開業予定の福岡にはあるようです。)

 

しかし、リッツ・カールトン沖縄においては、期間限定(GW、7/1〜9/1)でクラブラウンジ付きの宿泊プランが発売されております。通常のお部屋を予約して、追加でクラブラウンジアクセスプランを購入することも出来ます。ただ、1日15組限定とのことで、売り切れてしまったら追加で購入することは出来ませんので、注意が必要です。

クラブラウンジアクセスプランでは、東京や大阪と同様に、1日5回のフードプレゼンテーションがあり、カクテルタイムに限らず1日中シャンパンを含むアルコールを楽しめるようです。更に、ビーチへの送迎付きで、ビーチでシャンパンも楽しめるようです!!(新型コロナウィルスの影響により、ビーチのメニューは中止されており、代わりにプールサイドで楽しめるようになっているようです。)

リッツ・カールトンは、東京や大阪のクラブラウンジの満足度が極めて高いので、沖縄のクラブラウンジも期待大です。

ひとくちポイント

東京、大阪のクオリティが高いために期待度大。ハレクラニを超える可能性も!!

 

リッツ沖縄のクラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
ブレックファースト 7:00-11:00
ランチ 12:00-14:00
アフタヌーンティー 14:30-17:00
ディナー 17:30-19:30
レイトスナック 20:00-22:00

※アルコールは終日OKです。終日アルコールを提供しているのラウンジは、沖縄ではリッツ・カールトン沖縄だけ。

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋

リッツ・カールトン沖縄では、夏季の期間だけ「ザ・クラブ・エクスペリエンス」というプランで、クラブラウンジが出来るようになっています。

どのお部屋でもプラスで「ザ・クラブ・エクスペリエンス」をつけることは出来ます。

年齢による利用制限

なし。未就学児の子連れでも問題なく利用可能。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

デラックスの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)80,000円~90,000円(ラウンジ有り)
  • 1泊朝食付(2名)60,000円~70,000円(ラウンジ無し)

 

リッツ・カールトン沖縄に宿泊する沖縄旅行に格安で行く方法

ポイント

そんなリッツ・カールトン沖縄にお得に宿泊し、格安で沖縄旅行に行く方法について解説させて頂きました。

リッツ・カールトン沖縄に宿泊する沖縄旅行にて紹介させて頂きましたSPGアメックスについて、入会した方がいい人、入会しない方がいい人につきて記事を書かせて頂きましたの御参考にして頂ければ幸いです。

SPGアメックスカードのご紹介に関するお問い合わせはコチラ

また、SPGアメックスカードへの入会を迷われているあなたには、下記のブログをお読みいただければ幸いです。

 

おすすめ!!沖縄のホテルでNo.1クラブラウンジはハレクラニ沖縄!?

沖縄のリゾートホテルのクラブラウンジの比較をしてきましたが、クラブラウンジだけを評価すると、やはりハレクラニ沖縄がNo.1ということになると思います。

ホテル 合計
ハイアット那覇 29.5
ヒルトン北谷 29.0
ウザテラス 30.0
ハイアット瀬良垣 29.5
ブセナテラス 30.5
ハレクラニ沖縄 33.5
マリオットオキナワ 23.5

ハレクラニ沖縄のクラブラウンジ付きのお部屋は料金が高めですので、2番目となると、ホテルとしても満足度の高いブセナテラスかと思います。

ただし、最初にも書きました通り、リッツ・カールトン沖縄についてはかなり期待できるので、ハレクラニ沖縄を超える可能性も十分にあると思います。

 

未宿泊・宿泊できないホテル

宿泊したことはないのですが、クラブラウンジがある11軒のホテルです。

家族構成の都合上、宿泊できない利用できないホテル、クラブラウンジもありますので、ご参考にして頂ければ幸いです。

 

1.沖縄ハーバービューホテル(那覇市)

クラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
ティータイム 14:00-16:00
カクテルタイム 17:00-19:00
バータイム 19:00-20:00

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋

  • クラブ(25㎡)
  • クラブスーペリア(30㎡)
  • クラブコンフォート(30㎡)
  • クラウンスイート(50~60㎡)
  • ロイヤルスイート(123㎡)

年齢による利用制限

17:00以降は12歳以下の利用は不可。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

ダブルの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)20,000円~30,000円(ラウンジ有り)
  • 1泊朝食付(2名)10,000円~20,000円(ラウンジ無し)

 

2.ホテル コレクティブ(那覇市)

クラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
営業時間 6:30-21:00
朝食 7:00-10:00
ティータイム 10:00-17:00
カクテルタイム 17:00-19:00

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋

  • プレミアムツイン(30~35㎡)
  • ジュニアスイート(62~67㎡)
  • プレジデンシャルスイート(161㎡)

年齢による利用制限

なし。未就学児の子連れでも問題なく利用可能。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

ツインの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)30,000円~40,000円(ラウンジ有り)
  • 1泊朝食付(2名)20,000円~30,000円(ラウンジ無し)

 

3.ザ・ナハテラス(那覇市)

クラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
営業時間 7:00-20:00
コンチネンタルブレックファスト 7:00-10:00
ティータイム 14:00-16:00
カクテルタイム 18:00-20:00

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋

  • クラブツイン(30㎡)
  • クラブキング(30㎡)
  • エグゼクティブスイート(50㎡)
  • テラススイート(100㎡)

年齢による利用制限

なし。未就学児の子連れでも問題なく利用可能。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

ツインの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)30,000円~40,000円(ラウンジ有り)
  • 1泊朝食付(2名)20,000円~30,000円(ラウンジ無し)

 

4.ノボテル沖縄那覇(那覇市)

クラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
ブレックファスト 6:30-10:30
ティータイム 10:30-18:00
カクテルタイム 18:00-20:00
イブニングティータイム 20:00-22:00

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋

  • エグゼクティブ(17~24㎡)
  • エグゼクティブデラックス(34㎡)
  • テラスルーム(34㎡)
  • テラススイート(48㎡)
  • エグゼクティブスイート(50㎡)

年齢による利用制限

なし。未就学児の子連れでも問題なく利用可能。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

ツインの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)10,000円~20,000円(ラウンジ有り)
  • 1泊朝食付(2名)10,000円~20,000円(ラウンジ無し)

 

5.ザ・テラスクラブ アットブセナ(名護市)

クラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
営業時間 7:00-19:00
ティータイム 14:00-16:00
カクテルタイム 17:00-19:00

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋(全部屋)

  • クラブデラックス オーシャン 2ベッドルーム(83㎡)
  • クラブデラックス(54㎡)
  • クラブデラックス サンセット(54㎡)
  • クラブデラックス オーシャン(54㎡)

年齢による利用制限

13歳以上のみ宿泊可能。12歳以下は宿泊不可。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

クラブデラックスの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)80,000円~90,000円

 

6.ジ・アッタテラス クラブタワーズ(恩納村)

クラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
営業時間 7:00-24:00
ティータイム 14:00-16:00
カクテルタイム 17:00-19:00

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋(全部屋)

  • クラブデラックス フォレスト・ヴィラ(52㎡)
  • クラブデラックス(52㎡)
  • クラブラグジュアリー フォレスト・ヴィラ(57㎡)
  • クラブラグジュアリー(57㎡)
  • プレミア ガーデン(76~83㎡)
  • テラス スイート(105㎡)

年齢による利用制限

16歳以上のみ宿泊可能。15歳以下は宿泊不可。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

クラブデラックスの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)60,000円~70,000円

 

7.沖縄スパリゾートエグゼス(恩納村)

クラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
営業時間 8:00-22:00

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋

  • ロイヤルエグゼススイート(70㎡)
  • エグゼススイート(78㎡)
  • エグゼス(59㎡)

年齢による利用制限

なし。未就学児の子連れでも問題なく利用可能。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

スーペリアツインルームの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)40,000円~50,000円(ラウンジ有り)
  • 1泊朝食付(2名)30,000円~40,000円(ラウンジ無し)

 

8.ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート(恩納村)

クラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
朝食 7:00-11:00
アフタヌーンティー 14:00-16:00
イブニングカクテル 17:30-19:30

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋

  • クラブインターコンチネンタルルーム(32㎡)
  • クラブインターコンチネンタル コーナーテラスルーム(32㎡)
  • クラブインターコンチネンタル コーナースイート(64㎡)
  • クラブインターコンチネンタル デラックスコーナースイート(64㎡)

年齢による利用制限

イブニングカクテルは13歳以上のみ利用可能。

12歳以下の子供連れは、ホテル1階の「オーシャンカフェ」でイブニングカクテルを利用可能。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

スタンダードルームの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)40,000円~50,000円(ラウンジ有り)
  • 1泊朝食付(2名)30,000円~40,000円(ラウンジ無し)

 

9.ルネッサンス リゾート オキナワ(恩納村)

クラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
営業時間 7:00-22:00
ブレックファスト 7:00-11:00
イブニングオードブル 18:00-20:00
イブニングカクテル 18:00-21:00
コーディアル&デザート 20:00-22:00

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋

  • ルネッサンススイート(144m²)
  • ジュニアスイート(54m²)
  • ルネッサンスツイン(36m²)

年齢による利用制限

21:00以降、未成年は利用不可。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

ツインルームの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)80,000円~90,000円(ラウンジ有り)
  • 1泊朝食付(2名)60,000円~70,000円(ラウンジ無し)

 

10.ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ(本部町)

クラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
営業時間 8:00-21:00
ティータイム 15:00-17:00
バータイム 18:00-19:30

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋(クラブウィングの全部屋)

  • ジュニアスイート(66㎡)
  • クラブスイート(82㎡)
  • ロイヤルスイート(123㎡)

年齢による利用制限

クラブウイングは、16歳以上のみ宿泊可能。15歳以下は宿泊不可。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

ツインルームの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)70,000円~80,000円(ラウンジ有り)
  • 1泊朝食付(2名)40,000円~50,000円(ラウンジ無し)

 

11.オクマ プライベートビーチ & リゾート(国頭村)

クラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
ブレックファスト 7:00-10:30
リラックスタイム 10:30-14:00
アフタヌーンティータイム 14:00-17:00
バータイム 18:00-21:00

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋

  • グランドコテージ(48㎡)
  • ガーデンヴィラ(48㎡)
  • グランドコテージメゾネット(125㎡)

年齢による利用制限

なし。未就学児の子連れでも問題なく利用可能。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

コテージの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)40,000円~50,000円(ラウンジ有り)
  • 1泊朝食付(2名)20,000円~30,000円(ラウンジ無し)

 

上記で紹介した沖縄のリゾートホテルについて、比較をさせて頂きました。

-クラブラウンジ, 沖縄リゾートホテル

© 2022 Hotels不動産