【ハレクラニ沖縄】クラブラウンジ宿泊 子連れ沖縄旅行①

2020-07-07

こんにちは。

クラブラウンジが大好きになってしまった普通のサラリーマンのfです。

ここ9年毎年、夏休みには沖縄へ家族旅行に出かけています。

今回は、2019年に開業したハレクラニ沖縄のクラブラウンジアクセス可能なお部屋に宿泊してきましたので、紹介させて頂ければと思います。

(宿泊時は台風が接近し、初日こそ何とかなったものの、基本的にかなり天候が悪かったです、、、)

 

ハレクラニ沖縄はこんなところ

ハレクラニ沖縄は、2019年7月に恩納村に開業しました。

恩納村は、ブセナテラステラス、ハイアットリージェンシー瀬良垣、リッツ・カールトン沖縄などの高級リゾートホテルが軒を連ねる、沖縄を代表する場所です。

とても海が綺麗で、エメラルドグリーンの海に包まれ、「リゾート地に来た」と言う感じがします。

個人的には沖縄の中でも大好きなところで、何度訪れても飽きる事がありません。

また、ハレクラニ沖縄はハワイのハレクラニの姉妹ホテルでもあります。

 

ハレクラニ沖縄の支配人は、元リッツ・カールトン沖縄の支配人

また、支配人はリッツ・カールトン沖縄の支配人をしていた方で、この方が支配人をしていた当時のリッツ・カールトン沖縄が良かったので、期待して行ってきました。

名刺交換までさせてもらったところ、リッツ・カールトン東京でも支配人をしていたとのことで、リッツ・カールトン沖縄や東京の良いところが取り入れられているのではないかと思います。

 

ハレクラニ沖縄は3棟からなる大型リゾートホテル

ハワイとは異なりビーチフロントウィング棟、サンセットウィング棟、ヴィラ棟の3棟から構成される大型リゾートホテルとなっています。

どこの棟に行くにも徒歩による移動も可能ですし、構内を走るカートに乗って移動する事も可能となています。

カートは気持ち良く、子供にとってはちょっとしたアトラクションになるのではないかと思います。

また、バトラーサービスもあります。

クラブラウンジ利用者以外は1日1,500円の駐車場利用料が発生しているようです。

 

ビーチフロントウィング棟

ビーチフロントウィング棟は守衛さんがいる門を通過して正面にあります。

北西向きの棟で、全室オーシャンビューとなっており、ブセナテラステラスが見てます。また、ハレクラニを象徴するマークがある大きなプール(オーキッドプール)に面しているのがビーチフロントウィング棟になります。

オーキッドプールの写真です。(行った時には台風が接近していたため、景色が微妙でした。。)

 

サンセットウィング棟

サンセットウィング棟は、ビーチフロントウィング棟に向かう途中から坂を登っていったところにエントランスがあります。

ビーチフロントウィング棟の5階とサンセットウィング棟のエントランスが同じ高さになります。

 

サンセットウィング棟のエントランスは、ハレクラニ沖縄のホームページや各種旅行サイトのトップページにはサンセットウィング棟のエントランスの写真が掲載されている事が多いです。

 

サンセットウィング棟のエントランスを入ると東シナ海を一望できる圧巻の景色を味わうことができます。

ホームページや旅行サイトなどで紹介されている景色はこちらからになります。

そう言った意味では、サンセットウィング棟からの景色がハレクラニ沖縄の売りとなるのでしょうか。

残念ながら、私たちが行った時には台風が来ていたため、素晴らしい景色は見られませんでした。

 

サンセットはこんな感じになります。

雲がなければなぁ、とは思いましたが、これもまた神秘的でしょうか。

 

なお、サンセットウィング棟は、全室オーシャンビューとなっていて、遠くにハイアットリージェンシー瀬良垣やANAインターコンチネンタル万座ビーチが見えます。

 

ハレクラニ沖縄のクラブラウンジ

サンセットウィング棟のエントランを入って直ぐ左手のところにクラブラウンジがあります。

クラブラウンジにアクセスできるお部屋はサンセットウィング棟の最上のお部屋とヴィラになります。

我が家は、サンセットウィング棟の最上階のお部屋に宿泊しましたので、クラブラウンジでのチェックインとなりました。

 

ハレクラニ沖縄のチェックインは他のホテルと同様15時となっています。

前のホテルのチェックアウトがだいたい12時と言うことを考えると、15時だとちょっと時間を持て余すことになるかと思います。

 

クラブラウンジを利用できる場合にはお部屋の準備が出来るまで、クラブラウンジで待つ事が出来ます。

我が家は、1時間くらい早く着いてしまったのですが、クラブラウンジでゆっくりと待たせて頂きました。

 

ハレクラニ沖縄のお部屋

案内されたのは「プレミアクラブオーシャンフロント」と言うお部屋でした。

サンセットウィング棟の最上階にあり、50平米程度の広さとなります。

隣のお部屋との間にはバルコニーの柵以外何も無いので、場合によっては、バルコニーでお隣さんとご対面??することもあるかと思います。

 

ブセナテラスなど多くのリゾートホテルではこのような作りになっている事が多いのであまり気になりませんでした。

 

我が家は1歳の子供がいるのでベビーベットをセットして頂いていたのでしたが、使わないので撤去して頂きました。

ベビーベットの設置はお願いしていなかったので、ホテルの気遣いということでしょうか。

お部屋の中は、開業間もないホテルということで、とても綺麗でした。

設備も高級ホテルにあるものは一通り整っていましたので、快適に過ごすことが可能となっています。

もちろん無料wifiも利用可能となっていました。

 

また、クラブラウンジアクセスできるお部屋では、冷蔵庫内の飲み物は全て無料のようです。

翌日には飲んだ分を補充して頂けるので有難いです。

ラウンジにアクセスできるとは言え、カクテルタイム以外にはアルコールが出ないことを考えると、オリオンビールなどがあるのは良かったです。

 

アメニティについても、一通りは揃っています。

子供用のビーチサンダルもありますので、ビーチサンダルを持っていく事は不要です。

ビーチサンダルは、クラブラウンジ付きのお部屋ではほとんどのホテルで用意されていますので(しかも持ち帰りOK)、どんどん貯まってしまいます。

 

ハレクラニ沖縄の朝食について

朝食は、2つのレストランとクラブラウンジが利用可能となります。

レストランは、サンセットウィング棟の1階にある「SHIROUX(シルー)」とビーチフロントウィング棟にある1階にある「House Without A Key」です。

SHIROUXでは、和洋のセットメニューのどちらかを選ぶことになります。

一方、House Without A Key、クラブラウンジでは、ブュッフェ形式となっています。

 

我が家は、1日目にSHIROUXで朝食をとりましたが、個人的には、クラブラウンジ利用可能な方はレストランに行く必要が無いと思いました。

 

朝食の時間はどのホテルでもあることかと思いますが、どちらのレストランも混雑しています。

クラブラウンジは、空いていますし、ブュッフェ形式で、SHIROUXとほぼ同じメニューが食べられます。

しかも、SHIROUXの和洋メニューをちょっとずつどちらも食べられるのでお得です。

 

朝食の営業時間との関係もあります。

SHIROUXは11時まで(ラストオーダーは10時30分)となっていますが、House Without A Keyは14時までの営業となっています。

 

レストランのお得な活用方法

クラブラウンジのスタッフの方にすすめられたことですが、

「クラブラウンジで朝食をとり、プールで遊んだ後、ランチとしてHouse Without A Keyを利用する」

とのことです。

 

実際に2日目に上記の様にした結果、とても満足感が高かったです。

クラブラウンジご利用できる方は、この様にされることがおすすめです。

 

ハレクラニ沖縄のプールについて

ハレクラニ沖縄のプールは、5つあります。

  • オーキッドプール
  • キッズプール
  • クワイエットプール
  • オーシャンテラスプール
  • 室内プール

オーキッドプール

オーキッドプールの横にキッズプールがあります。

オーキッドプールはビーチフロントウィング棟の前にあり、ハレクラニ沖縄を象徴するプールとなっています。

水深もそんなに深くは無く、年齢制限もないため誰でも利用する事が可能です。

クワイエットプール

クワイエットプールは、プールに入りながら軽食やアルコールなどのドリンクを楽しむことが出来ます。

そのため、16歳未満の方は利用出来ない事になっています。

我が家は、2人子供がいるので、妻と交代でオーキッドプールから行っていました。

オーシャンテラスプール

オーシャンテラスプールは、サンセットウィング棟の前にあります。

インフィニティプールになっており、サンセットまで入れるプールとなっています。

素晴らしいサンセットを見ながら、プールに入ることができ、16歳未満の方は利用出来ません。

大人にとっては、ゆったりとした時間を過ごす事ができるプールと言えるのではないでしょうか。

 

オーキッドプールについての注意点!!

プールについても素晴らしいハレクラニ沖縄ですが、一点だけ不満があります。

それは、子供連れだと入れるプールがオーキッドプールだけになってしまうということです。

 

ハレクラニ沖縄は客室数が360室あり、大規模ホテルとなっています。

ファミリー層が多く利用しているため、我が家が宿泊した時には、オーキッドプールがさながら市民プールの様相を呈していました。

 

折角リゾートホテルに来たのに、この混雑具合に、ちょっとテンションが下がってしまいました。

 

同じ大規模ホテルのブセナテラスではこの様な事は経験した事がありませんので、ご宿泊される際にはこの点を考慮する必要があるかも知れません。

 

ハレクラニ沖縄に宿泊しての感想

プールには、不満がありましたが、とても満足のいくホテルだと思いました。

残念なことに宿泊した時には台風が再接近してきていた時であり、ハレクラニ沖縄の景色を堪能できなかったので、リベンジしたいと思っています。

 

スタッフの方のホスピタリティも高く、リッツ・カールトン沖縄と同じくらいの満足感があります。

開業間もないのにスタッフの方のオペレーションも十分にまわっている様子でしたので、再訪時にはさらなる満足度の向上も見込めると思います。

 

しかし、オーキッドプールの混雑問題をどう捉えるかで今後利用するかどうか考えていきたいと思います。

 

どの部屋がおすすめ!?ハレクラニ沖縄を徹底解説!!

-クラブラウンジ, ホテル, 沖縄リゾートホテル

© 2022 Hotels不動産