【予想外の良さ!!】コロナ禍のクラブデラックスルーム宿泊記ブログ | 大阪マリオット都ホテル

2021-08-11

高級ホテル激戦区の大阪にある大阪マリオット都ホテル

コンラッド大阪、W大阪、セントレジス大阪、インターコンチネンタル大阪、リッツ・カールトン大阪と競合がひしめく中で、大阪マリオットはどうなのか。

リッツ・カールトン大阪までの宿泊料にはならなくとも、大阪マリオットも1泊5万円はするホテルですので、失敗はしたくないとお思いの方も多いかと思います。

コンラッド大阪、セントレジス大阪、リッツ・カールトン大阪を利用してきた中での比較感として、大阪マリオットについて体験したこと感じたことを書かせて頂きました。大阪のホテルを利用される際の参考にして頂ければ幸いです。

 

目次

大阪では、リッツ・カールトン大阪に次ぐ満足感の得られるホテル。プールはないが、クラブラウンジが充実し、スタッフの対応も素晴らしい。コスパを考えるとNo.1

SPGアメックスカードを作って以来、マリオット系列のホテルに宿泊することが多くなり、マリオットホテルは、沖縄、東京、山中湖を利用させて頂きましたが、どれもイマイチでした。

大阪マリオットも一緒だろうと思い、気になるホテルではあるものの今まで利用してきませんでした。

今回もマリオットボンヴォイのポイントが余り、京都に行くついででしたので、全く期待していない利用のはずでした。

しかし、実際に利用してみると、その期待は大きく裏切られました。

プールはないですが、クラブラウンジがあり、奇麗なホテル、お部屋からの絶景、スタッフのホスピタリティの高さには驚きました。

大阪の高級ホテルでは、同じ高層ホテルのコンラッド大阪よりも間違いなく満足度は高いですし、セントレジス大阪よりもスタッフのホスピタリティは高かったですので、リッツ・カールトンに次ぐ満足度の感じられるホテルだと思います。

コストパフォーマンスを考えると、大阪でNO.1のホテルではないかとの実感です。

 

大阪マリオット都ホテルの基本情報

基本情報

住所:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス

TEL:06-6628-6111(代表)

:0120-333-001(宿泊予約)

開業:2014年3月

階数:19階(ホテルロビー、ロビーラウンジ、バー、レストラン等), 38~55階(客室)

客室数:360室(スタンダードルーム:354室、スイートルーム:6室)

レストラン:3軒

クラブラウンジ:あり

プール:なし

 

プールはないが、1日3回のフードプレゼンテーションが行われるクラブラウンジはおすすめ

大阪マリオット都ホテルには、残念なことにプールはありません。ちょっとしたジムはありますが、、、

一方で、常設のクラブラウンジがあります。3階ぶち抜きの空間、余裕のある広さ、落ち着く雰囲気等、おすすめラウンジであることは間違いありません。

また、1日5回のフードプレゼンテーションが行われ朝からアルコールを頂けるリッツ・カールトン大阪には劣るものの、1日3回のフードプレゼンテーションと12時からアルコールが楽しめるのはポイントが高いです。

からアルコールを楽しむことが出来るクラブラウンジのあるホテルはリッツ・カールトンと大阪マリオット以外ではあまり聞いたことがありません。

 

ミナミにある天王寺駅に直結するあべのハルカスにあるホテルのため、落ち着いた雰囲気

大阪市の中心部繁華街エリアの南端に位置する天王寺にあり、通天閣やなんばに近いことから、いわゆる大阪の”ミナミ”に位置します。

大阪市内の”キタ”エリアはオフィスが多くあることから、比較的落ち空いた感じの雰囲気になっている一方で、”ミナミ”は雑多な雰囲気が感じられるエリアかと思います。

そんな中でも、大阪マリオット、特にクラブラウンジはとても落ち着いた雰囲気になっていて、居心地が良いです。

 

宿泊者層は日本人が中心でファミリー3割、カップル4割、グループ3割

館内、チェックイン、チェックアウト、クラブラウンジ、朝食会場で宿泊者を見ていると、ファミリー3割カップル4割グループ3割といった感覚です。

大阪の中心部にあるホテルであるので、バランスの良い構成なっている感じでした。リッツ・カールトン大阪よりもカップルの割合が高かった印象です。

クラブラウンジは、カクテルタイムになると満席で、子供がいるところはそんなにいなかった印象がありますし、子供がいてうるさくなるといった感じもしませんでした。

朝食会場では、それなりに子供もいたのでクラブラウンジでの構成割合は、ファミリーがもっと減るイメージです。

コロナ前と違い外国人比率は極めて低い

コロナ前は、訪日外国人が4,000万人という時代で、その時の大阪マリオットはインバウンドの割合が多かったということでした。大阪は海外の方には人気のある地域ですし、天王寺は心斎橋・なんばにも近いですし、インバウンドの割合が多かったというのは想像に難くありません。

しかし、コロナが蔓延して以降は、当然と言えば当然ですが、日本人以外の宿泊者はほとんど見られなくなったとのことです

実際に、ホテルで外国の方を見ることはありませんでした。

 

チェックインは15:00、 チェックアウトは12:00。マリオットボンヴォイのゴールド会員で14:00、プラチナ会員で16:00のレイトチェックアウトが可能

大阪マリオットの受付

大阪マリオット都ホテルのチェックインは、15:00から、チェックアウトは12:00となっています。

リッツ・カールトン大阪は11:00チェックアウトとなっていますので、チェックアウトが12:00というのは若干余裕がありますが、とはいえ、もうちょっとゆっくりしたいところです。

一方、マリオットボンヴォイのエリート会員では14:00や16:00のレイトチェックアウトは可能ですので、この辺りは欲しいですよね。

チェックイン・チェックアウトも19階のロビーで行うことになりますが、クラブラウンジが利用できる方は38階のクラブラウンジでのチェックイン・チェックアウトとなります。コロナ禍においては、38階でのチェックイン、チェックアウトは金・土・日・祝日となっており、平日は19階となっています。

なお、チェックアウト後については、フロントデスクで荷物は預かってくれます

マリオットボンヴォイのエリート会員については下の方で書かせて頂きました。

駐車場代は、宿泊者は1台3,000円/日。提携駐車場は2,000~2,100円。

大阪マリオット都ホテルの駐車場利用料は、宿泊者は1台3,000円(チェックイン~チェックアウト)です。

ただし、出発日の14:00を超えた場合には最初の1時間が1,100円、以降30分毎について550円の追加料金が発生するとのことです。

また、提携の駐車場もあり、A提携駐車場(あべのルシアス)で1泊2,000円、B提携駐車場(近鉄パーキングビル)で1泊2,100円となっています。

提携駐車場は、深夜の入出庫が出来ないようですので、注意が必要です。

 

大阪マリオット都ホテルのマリオットボンヴォイのホテルカテゴリーは「6」

マリオットグループでは、マリオットボンヴォイという会員プログラムを運営しており、マリオットボンヴォイの中ではマリオットグループのホテルを1~8までのカテゴリーに分けています。

大阪マリオット都ホテルは「6」となっており、上から3番目のランクとなります。

カテゴリーが高くなるに従って、宿泊料金が高くなったり、宿泊予約をするために多数のポイントが必要なったりしますので、ホテルカテゴリーが高くなればなるほど、高級かつ高額な宿泊料金のホテルということですね。

ポイント宿泊には、通常時:50,000ポイント、ピーク時:60,000ポイント、オフピーク時:40,000ポイント、が必要

マリオットボンヴォイの会員は貯めたポイントで宿泊することが出来ます。

大阪マリオット都ホテルにおいては、宿泊に必要なポイントは通常時で50,000ポイント、ピーク時で60,000ポイント、オフピーク時で40,000ポイントとなっています。

ちなみに、大阪市内のマリオットグループのホテルは何か所かあり、大阪マリオット都ホテルの満足度で「6」というのはお得なような気がします。

大阪でカテゴリーが上の方のホテルとは言え、少なくともセントレジス大阪よりも良いというのが個人的な感想です。(逆に、セントレジス大阪が「7」なのか疑問です、、、)

  • ザ・リッツ・カールトン大阪:7
  • セントレジスホテル大阪:7
  • 大阪マリオット都ホテル:6
  • ウェスティンホテル大阪:6
  • W大阪:6
  • シェラトン都ホテル大阪:5
  • アロフト大阪堂島:5
  • コ―ヤード・バイ・マリオット大阪本町:5
  • コ―ヤード・バイ・マリオット新大阪:5
  • モクシー大阪新梅田:4
  • モクシー大阪本町:4
  • フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波:3

 

大阪マリオット都ホテルへのアクセスは極めてシンプル

大阪マリオット都ホテル・あべのハルカスは地下鉄「天王寺駅」、JR「大阪駅」にほぼ直結しています。電車で行く場合には、全く迷わないですね。

また、当然のことながらシャトルバスの様なホテルの送迎バスもありません。

1.飛行機を利用する場合には、伊丹空港からだとバスと徒歩で30~40分

大阪まで飛行機で行かれる方は、関西国際空港に比べ伊丹空港の方が大阪市内近いため断然おすすめです。

伊丹空港からは空港リムジンバスで「あべの橋駅(天王寺駅)」行きに乗り、リムジンバスで基本的には30分程度です。

なお、「あべの橋駅(天王寺駅)」からあべのハルカスまで歩いて1~2分です。

伊丹空港から大阪市内へのアクセスは断然バスの方が安いし、おすすめ

伊丹空港から大阪市内までもちろん電車でアクセスすることもできます。

ただ、伊丹空港から大阪市内までの電車でのアクセスは直通電車がないため、荷物を持った乗り換えはそこそこ面倒です。

それに、東京と比べると大阪の乗り換え案内はやや不親切な案内になっている様に感じます。

小さな段差がちょこちょこあったり、エレベーターがかなり離れたところにあったりして、乗り換えの移動時間が7、8分なんて言うこともあったりで、電車の乗り換えは本当に骨が折れます。

(一時期大阪に駐在していた時期があるのですが、東京と比べ、大阪の電車の乗り換えはとても不便に感じていました)

それにバスの方が料金が安いです。

  • 空港リムジンバスは「あべの橋駅(天王寺駅)」行
  • リムジンバスの料金は大人650円。電車だと天王寺駅まで安くても710円。
料金
大人(バス) 650円
子供(バス) 330円
電車 710円(最安)

 

2.新幹線を利用する場合、JR「新大阪駅」からは、地下鉄御堂筋線で「天王寺駅」へ

新幹線で大阪へ行く場合には、JR「新大阪駅」から地下鉄御堂筋線に乗って「天王寺駅」へアクセスすると、とても楽です。

「新大阪駅」から御堂筋線に乗り、乗り換えもなく、22分電車に乗るだけとなります。

「新大阪駅」からJRの在来線に乗ると、「大阪駅」で乗り換えをしなければならなくなります。乗り換えは面倒ですので、「新大阪駅」からは御堂筋線に乗りましょう。

新大阪駅-天王寺駅
大人 280円
子供 140円

新幹線で行く時の注意点!!

JR「新大阪駅」まで新幹線でアクセスする時に、荷物の大きさについて注意が必要です。

東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線に乗車の際、バッグ(多くがキャリーケースですが)の3辺の合計が160cmを超える荷物(「特大荷物」)を新幹線に持ち込む場合は、事前に特大荷物スペースつき座席を予約することが必要となりました。

事前予約をしないでに特大荷物を持ち込んだ場合には、持込手数料として1,000 円(税込)が発生し、乗務員の指定する所に荷物を置くことになります。

注意しておきたいのが、自由席への特大荷物は持ち込み不可ということです。未就学児がいる場合には、未就学児の指定席券を購入する必要も出てきますのでお気を付けください。

特大荷物がある場合

  • 特大荷物とは、3辺の合計が160cmを超える荷物
  • 特大荷物スペースつき座席(指定席)の予約が必要
  • 自由席への持ち込みは不可

 

大阪マリオット都ホテルは、38階~55階に全360の客室。超高層階に客室があり、周りには景色を遮る建物がないので、どの客室からも大阪平野の絶景が堪能できる

大阪マリオット都ホテルの受付ロビーは19階にあり、客室は全て38~55階の超高層階にあります。

19階のロビー階には、バー、ラウンジ、レストランがあったり、天井が高くとても開放感があり、19階のロビーに足を踏み入れた段階でとても良いホテルである印象を受けます。

19階でも周りに大きな建物が少ないことから、解放感のある景色を堪能することが出来ます。

コンラッド大阪も高層階に客室を構えるホテルではありますが、周りに高い建物があるため、解放感といった点では、大阪マリオットの方が一段上の様な気がします。

大阪マリオットのエントランス

19階のエレベーターホール

大阪マリオットのラウンジ

19階のラウンジ

大阪マリオットのバー

19階のバー

大阪マリオットの19階

19階のブティックスショップ

 

客室フロアは、エレベーターホールから建物の高さを活かしたつくりとなっており、客室に向かう廊下は落ち着いた雰囲気

客室フロアもあべのハルカスの高さをフル活用したものとなっています。

各階にエレベーターホールは北東の角に配されており、エレベーターを降りた瞬間から、絶景を眺めることが出来ます。一方で、そこから客室が配された廊下に足を踏み入れると、落ち着いた雰囲気になっています。

大阪マリオットの廊下

廊下の様子

 

お部屋の高さにより、レギュラーフロア、アッパーフロア、クラブフロアに。53-55階のクラブフロアがおすすめで、北向きのお部屋を狙いたい

大阪マリオット都ホテルでは、お部屋をレギュラーフロア(39-49階)、アッパーフロア(50-52階)、クラブフロア(53-55階)と階層ごとに分けて、それぞれにスーペリルームデラックスルーム、コーナールームの3タイプのお部屋を設けています。

デラックスルームもスーペリアルームもお部屋の広さは全て38㎡となっており、フロアによって広さが異なることはありません。コーナールームとだと42㎡、51㎡となりやや広くなります。

38㎡でも十分な広さは確保している様に感じました。

大阪マリオットは高層階にあるホテルですので、デラックスルームもスーペリアルームの様な1面の窓よりもコーナールームの様な2面の窓がある部屋の方が景色を楽しむことが出来るのではないかと思いました。

38階にはクラブラウンジがあり、クラブフロアのお部屋とコンフォートルームの宿泊者はクラブラウンジが利用できます。

なお、料金目安は9月最後の土曜日の1泊(朝食なし)の宿泊料のおおよその金額(サ税込み)です。

レギュラーフロア スーペリア
室数 広さ 階数 料金目安
110 38㎡ 39-49階 51,000円
レギュラーフロア デラックス
室数 広さ 階数 料金目安
88 38㎡ 39-49階 54,000円
レギュラーフロア プレミアムコー
室数 広さ 階数 料金目安
20 42㎡,51㎡ 40-49階 69,000円、79,000円
コンフォートルーム
室数 広さ 階数 料金目安
6 38㎡ 38階 99,000円
アッパーフロア スーペリア
室数 広さ 階数 料金目安
30 38㎡ 50-52階 55,000円
アッパーフロア デラックス
室数 広さ 階数 料金目安
24 38㎡ 50-52階 57,000円
クラブ スーペリア
室数 広さ 階数 料金目安
30 38㎡ 53-55階 98,000円 
クラブ デラックス
室数 広さ 階数 料金目安
24 38㎡ 53-55階 99,000円  
アッパーフロア クラブコーナー
室数 広さ 階数 料金目安
6 42㎡,51㎡ 50-52階  

 

南向きのクラブフロア デラックスルームに宿泊

アップグレードされて、53階のクラブフロアのデラックスルーム(南向き)での宿泊となりました。

お部屋の雰囲気は、特別高級感のある家具などがある訳ではありませんが、とても落ち着いたものでした。

ツインのお部屋で、ベット2台、ちょっとしたテーブル、オットマンがありましたが、広さは家族4人でも十分との印象です。

ベットは可動式となっておりつなげることもできますので、添い寝への対応も問題ありません。

なお、バスルームにおいて、レインシャワーはありませんでした。

大阪マリオットの客室

パウダールーム

大阪マリオットの客室

バスルーム

大阪マリオットの客室

トイレ

大阪マリオットの客室

クローゼット

大阪マリオットの客室

ナイトウェアと金庫

 

お部屋からの景色はやはり圧巻。南向きより北向きの方が大阪の景色を楽しめる

部屋に入った時にはカーテンが閉まっている状態でしたが、(デラックスルームは窓が1面しかないお部屋ではあるものの)カーテンを開けてからの景色は圧巻でした。

夜景も同じようにきれいでした。

大阪マリオットの客室

カーテン開閉前

大阪マリオットの客室

カーテン開閉後

大阪マリオットの客室

53階南向きの夜景

ただ、我が家が宿泊したのは南向きのお部屋であり、大阪の摩天楼を臨むことはことは出来ませんでした。

大阪の中心部のビル群が見えるのは北側のお部屋になり、大阪の摩天楼を望みたいのであれば北側のお部屋をリクエストすることが必要かと思いました。

53階のお部屋からそこまで高さの変わらないあべのハルカスの展望デッキから北側を見た時のものですが、やはり北側のお部屋の景色はいいかもしれないですね。。。

あべのハルカス

あべのハルカス展望デッキの北向きの景色

 

デラックスルームのバスルームからは外の景色を堪能することが出来る。スーペリアルームとの一番の違いはバスルームの位置

デラックスとスーペリアはともに38㎡の広さのため、ポイント予約時には同じポイント数ですので、両者の違いが気になるところではあります。

デラックスとスーペリアの大きな違いは、バスルームとなります。

デラックスルームは、バスルームから外の景色を楽しむことが出来る一方で、スーペリアはそのような造りとなっていないため、その点を考慮してお部屋を選ばれても良いかもしれません。

大阪マリオットの客室

デラックスルームのバスルームからの景色

 

クラブフロアのお部屋はミニバーが全て無料

クラブフロアのお部屋のみ、ミニバー(冷蔵庫のもの)が無料となります。

クラブフロアのお部屋に宿泊の方はクラブラウンジが利用でき、クラブラウンジではアルコールを含んだ飲み物は提供されているので、お部屋のものを無料にする必要もないかと思いましたが、無料となっています。

クラブラウンジの利用時間に制限がある場合はうれしいですね。

大阪マリオットの客室

冷蔵庫の中のものも無料

 

スイートルームは6部屋。ジュニアスイートまで含めると19部屋

レギュラーフロア ジュニアスイート
室数 広さ 階数 料金目安
10 58㎡ 40-49階 79,000円
アッパーフロア クラブジュニアスイート
室数 広さ 階数 料金目安
3 58㎡ 50-52階
コンフォートスイート
室数 広さ 階数 料金目安
2 73,76㎡ 38階
エグゼクティブスイート
室数 広さ 階数 料金目安
2 76,78㎡ 53階
ロイヤルスイート
室数 広さ 階数 料金目安
1 159㎡ 54階
インペリアルスイート
室数 広さ 階数 料金目安
1 162㎡ 55階

スイートルームは、ジュニアスイートまで含めると5種類の客室タイプがあり全部で19部屋あります。

ジュニアスイートはクラブフロアのスーペリア、デラックスよりも料金が安くなっていますので、広いお部屋を希望する場合には、ある意味でおすすめではないでしょうか。

申し訳ありませんが、宿泊していないので、良いのか悪いのかわかりません。。。

 

通常の客室の設備などは基本的にどのタイプのお部屋も同じ

スイートルーム(ジュニアスイートを除く)はわかりませんが、大阪マリオット都ホテルの客室の設備やアメニティは基本的にどのタイプでも一緒です。

ウェルカムギフトとして、カステラが置いてありました。

大阪マリオットの客室

ウィルカムギフト

子供の誕生日記念ということも事前に伝えていたところ、タンブラーのギフトが置かれてありました。

19階のブティックショップで1,000円程度で売っていました。色違いがあれば買っても良かったのですが、一種類でした。

大阪マリオットの客室

プレゼントのタンブラー

アメニティは、他のマリオットホテルと同じ「THANN」です。

大阪マリオットの客室

アメニティ(シャンプーなど)

大阪マリオットの客室

アメニティ(コーム、マウスウォッシュ等)

 

大阪のベットは寝心地は良いものの、やや狭い

大阪マリオットのベッドは、アメリカの高級ベッドブランド「シーリー」です。ちょうどい硬さ、寝ていて気持ちが良いです。

リッツ・カールトン大阪も同じメーカーのベッドとなっています。

ダブルのお部屋はキングサイズのベッドが1 台、ツインのお部屋はセミダブルサイズのベッドが2 台となります。

  • ダブル(1台):幅180cm × 長さ200cm
  • ツイン(2台):幅120cm × 長さ200cm

ツインのお部屋は、2台繋げると240㎝になりますので、シングルベッド2.5台分くらいのがあり、子供2人(6歳、2歳)を添い寝させても問題のない大きさでした。

ただ、大きさに関しては、リッツ・カールトン大阪と同じ大きさではあるものの、セントレジス大阪ではダブルのお部屋だと1台200㎝、ツインのお部屋でも1台135㎝の幅のベットとなりますので、幅が狭いと感じられる場合もあるかと思います。

子供2人を添い寝させても問題のない広さというだけで、広いという感じはしませんでした

 

ドライヤーは市販のパナソニック製

特に女性の方は気にされることかと思いますが、客室に備え付けられたドライヤーは市販のパナソニック製です。

リッツ・カールトン大阪のドライヤーもパナソニック製の同じ種類でしたが、大阪マリオットのものは風の強さは調節できるものの、温度の調節が出来ないものでした。

 

大阪マリオットのクラブラウンジは、コロナ禍でやや残念な部分はあるが、アフタヌーンティーからアルコールを楽しめるので結構いい

大阪マリオットのクラブラウンジは、リッツ・カールトン大阪には負けるものの、意外に良かったです。コンラッド大阪よりは間違いなく上です。

そして、他のマリオットホテルのクラブラウンジとは比較にならないほど充実しています。

スタッフの方のホスピタリティーも申し分のないものでしたので、とてもきちんとした好感の持てるホテルであると思いました。

クラブラウンジは38階にあり、大阪市内の高層ビル群を見渡すことが出来ると言う訳には行きませんが、ラウンジ中は3階分の高さをぶち抜いた天井となっており、解放感があり、良い雰囲気となっています。

また、1日3回のフードプレゼンテーションではありますが、アフタヌーンティーからアルコールを飲むことが出来ます。

コロナ禍で、食べ物はブッフェ形式でなく、セット形式となっていますが、レストランで提供されてもおかしくないほどの料理の美味しさです。

マリオットのプラチナ会員は無料でクラブラウンジを利用できるので、プラチナ会員にはやはりなった方がいいな、と感じました。クラブラウンジが利用できない大阪マリオットはやや物足りないもに感じるかもしれません。

クラブラウンジ概要

  • 場所:38階
  • 営業時間:(コロナ禍)12:00~20:00、(通常時)6:30~23:30
  • 備考:コロナ禍での朝食は19階のレストラン『COOKA』にて提供
  • 対象客室:クラブフロア、スイートルーム、
  • 利用条件:マリオットボンヴォイのエリートメンバー(プラチナ、チタン、アンバサダー)
  • 子供の利用:小学生以下は19:30まで
  • フードプレゼンテーション(コロナ禍)
内容 時間
朝食 7:00~11:00
アフターヌーンティー 14:30~17:00
カクテルタイム 17:30~19:30
  • フードプレゼンテーション(コロナ前)
内容 時間
朝食 7:00~10:30
アフタヌーンティー 14:30~17:00
カクテルタイム 17:30~19:30
バータイム 19:30~21:30

 

コロナ禍での朝食は、19階のレストラン『COOKA』でセットでの提供

クラブラウンジ利用者も朝食は、19階にあるレストラン『COOKA』での提供となります。(19階でも高さは約100mとのことです。)

通常時であれば、38階のクラブラウンジにて朝食を摂ることが出来るのですが、残念ながらコロナ禍においては、19階のレストラン『COOKA』が朝食会場となります。

クラブラウンジ同様、ブッフェではなく、セットでの提供となります。

もちろん、クラブラウンジの利用者は朝食の料金はかかりません。

普通に朝食を頂く場合は、コンチネンタルブレックファーストが3,800円、アメリカンブレックファーストと和定食が5,200円となっています。

『スプレンディード』の詳細

  • 営業時間:毎日営業
営業時間
朝食 7:00~11:00(10:30 L.O.)
ランチ 11:30~14:00
ディナー 17:00~20:00(コース19:30 L.O.)
  • 席数:204席(個室なし)
  • ドレスコード:スマートカジュアル
  • 喫煙:電子タバコ含め全席禁煙
  • メニュー等:詳細はこちら

 

残念なことに大阪マリオットにはプールがないが、38階のフィットネスジムは素晴らしい

大阪マリオット都ホテルには、残念なことにプールはありません。プールがあればもっと良いホテルになっていたかと思いますが、仕方がないですね。。。

その代わりにと言う訳ではないですが、クラブラウンジがある38階にフィットネスジムがあります。

そこまで広い訳ではありませんが、大阪市内を見下ろすランニングマシーンはとても快適でした。普段経験できないものなので、一度はおすすめです。

大阪マリオットのフィットネスジム

ランニングマシーンからの景色

 

添い寝、子供料金、年齢制限など子連れに役立つまとめ

大阪マリオット都ホテルは、年齢による制限はあまりなく子連れにフレンドリーなホテルであると思います。

年齢による宿泊制限は無し、12歳未満は添い寝無料

年齢による宿泊制限もなく、12歳未満は添い寝が無料で可能です。

ツインベットは、2台繋げると240㎝、シングルベット2.5台分の広さはありますので、子供2人を添い寝させてもギリギリ大丈夫なのではないかと思いました。

我が家は6歳、2歳でしたが問題のない大きさでした。

年齢制限があるのは、クラブラウンジ

クラブラウンジの19:30以降は12歳未満の利用は出来ません

本来であれば開催されている19:30からのバータイムにおいて子供の利用は出来ませんが、コロナ禍においては20:00でクラブラウンジは閉まってしまうため、あまり影響がないかと思います。

 

感想・総評・評点

大阪マリオット都ホテルは、大阪市内のホテルの中ではリッツ・カールトン大阪に次ぐ満足度の高いホテルだと思いました。

マリオットのホテルということで、あまり期待してはいなかったため、クラブラウンジの充実度、スタッフのホスピタリティーの高さ、景色などから、予想を覆されました。

唯一、プールがないという点はマイナスかと思いますが、それ以外は大変満足度は高いです。

同じ高層階に居を構えるコンラッド大阪と比較すると、間違いなく大阪マリオット都ホテルの方が満足度が高いですし、プールがないということでセントレジス大阪と同じですが、クラブラウンジがあるということで大阪マリオット都ホテルの方が満足度が高いです。

大阪マリオット都ホテルは何度もよいホテルだと感じました。

 

あわせて読みたい

【とても残念!!コンラッド大阪】エグゼクティブラウンジ徹底解説

大阪に旅行に行く機会は、旅行でも仕事でも何かと多いと思います。 大阪にはリッツ・カールトン、セントレジスなどの高級ホテル多くあるので、どのホテルに泊まったら満足度が最も高いか、悩むところですよね。 1 ...

【どの部屋がおすすめ!?】徹底解説・セントレジス大阪 | 大阪ホテル子連れ宿泊記

高級ホテル激戦区の大阪にあるセントレジスホテル大阪。 リッツ・カールトン大阪、コンラッド大阪、W大阪などがある中で、セントレジス大阪は実際のところどうなのか?? 折角の旅行ですし、1泊数万円もしますの ...

【どの部屋がおすすめ!?】徹底解説・リッツ・カールトン大阪 | 大阪ホテル子連れ宿泊記

高級ホテル激戦区の大阪にあるリッツ・カールトン大阪。 コンラッド大阪、W大阪、セントレジス大阪、インターコンチネンタル大阪などがある中で、リッツ・カールトン大阪は実際のところどうなのか?? 折角の旅行 ...

【週末の利用は避けるべき!!】子連れプラチナ特典のクラブラウンジ宿泊記 | JWマリオット奈良 

JWマリオットホテル奈良は、日本国内で唯一のJWマリオットブランドのホテル。 京都や大阪ではなく、なぜ奈良??と思う方も多いのでは無いでしょうか。 京都、大阪の滞在日数を減らしてまで、奈良に、いや、J ...

 

大阪マリオット都ホテルにおけるマリオットボンヴォイのゴールドエリート、プラチナエリートの特典

とても満足度の高い大阪マリオット都ホテルですが、マリオットボンヴォイのプラチナエリートだととても満足度の高いホテルになります。

我が家もリオットボンヴォイのプラチナエリートとして宿泊し、その特典を享受しましたので、おすすめです。

ゴールドエリートの特典

ゴールドエリート会員に与えられる特典で大事なものは下記4点となります。

客室の無料アップグレード、14:00までの無料チェックアウトだけでも価値のある特典です。

  • 宿泊毎に25%のボーナスポイント
  • 客室の無料アップグレード
  • 14:00までの無料チェックアウト
  • ウェルカムギフトとして、マリオットボンヴォイのポイント500ポイント

 

プラチナエリートの特典

プラチナエリート会員に与えられる特典で大事なものは下記5点となります。ゴールドエリートと比較するとかなり充実した内容になっています。

こちらの特典があると、一番安い客室を予約しても、以下の特典を享受することが出来ますので、ワンランク上の旅行ができること間違いなしです。2泊3日の旅行で数十万円お得になることは、ざらにあります。

クラブラウンジへのアクセスが出来ることで、朝食を摂ることは出来ますので、マリオットボンヴォイの1,000ポイントを選ぶことになるのでしょうか。

  • 宿泊毎に50%のボーナスポイント
  • 一部のスイートルームを含む客室の無料アップグレード
  • 最長16:00までの無料チェックアウト
  • ウェルカムギフト(ポイント1,000ポイント、朝食、アメニティ)の選択
  • クラブラウンジへのアクセス

 

プラチナエリートとして宿泊した結果、アップグレード、朝食無料、クラブラウンジへのアクセス、レイトチェックアウト、その他を享受し、数万円お得に

直前にプラチナチャレンジが完了し、プラチナエリートとして、大阪マリオット都ホテルを利用することが出来ました。

プラチナエリートとしての特典を全て享受することが出来、ゴールドエリートの時の宿泊とは全く違った滞在となりました。

プラチナチャレンジをして本当に良かったなと、思う一方で、一回プラチナエリートの特典を味わってしまうと、ゴールドエリートでは物足りなさを感じてしまいました。

1泊2日の宿泊でしたが、プラチナエリートとして享受した特典は金額に換算すると5万円は軽く超えるものであったと思います。

こんな世界があるのであればもっと早く知っておけばよかったと思いました。

「デラックスルーム」から「クラブデラックスルーム」へのアップグレード

宿泊の予約は「デラックスルーム」で行いました。

マリオットボンヴォイのポイント予約で50,000ポイントで、宿泊予約で約53,000円でした。

クラブラウンジでチェックインを行った際に、「クラブデラックスルーム」へのアップグレードを行って頂きました。

「クラブデラックスルーム」は、マリオットボンヴォイのポイント予約で136,000ポイント、宿泊予約で約88,000円でした。

8段階アップグレードして頂いたことになります。

  • レギュラーフロア スーペリア
  • レギュラーフロア デラックス ←予約
  • レギュラーフロア プレミアムコーナー
  • レギュラーフロア ジュニアスイート
  • コンフォートルーム
  • アッパーフロア スーペリア
  • アッパーフロア デラックス
  • アッパーフロア クラブジュニアスイート
  • クラブスーペリア
  • クラブデラックス ←アップグレード
  • アッパーフロア クラブコーナールーム
  • コンフォートスイート
  • エグゼクティブスイート
  • ロイヤルスイート
  • インペリアルスイート

ウェルカムギフトとして朝食を選ぶこともできるが、クラブラウンジアクセスの特典で朝食は無料に

ウェルカムギフトで朝食を選ぶことは出来ますが、クラブラウンジがあるホテルの場合には、クラブラウンジのフードプレゼンテーションで朝食が提供されますので、ウェルカムギフトはポイントで頂きました。

朝食は19階のレストラン『COOKA(クーカ)』にて、コロナ禍だけにセットメニューが提供されました。和定食、アメリカンブレックファスト、それぞれ3,600円です。

1人4,356円(税サ込)の2人分、約8,700円が無料となります。

ゴールドエリートであれば、朝食の料金は支払うことになります。

クラブラウンジのアクセスが可能となり、クラブラウンジでのチェックイン・チェックアウト、1日3回のフードプレゼンテーションを享受

プラチナエリートになると、無料でクラブラウンジへのアクセスが可能となります。なお、クラブフロアでない客室にアップグレードされても、クラブラウンジへのアクセスは可能です。

この特典はとても大きいです。

ゴールド会員にはこの特典がないため、私はこれだけのためにプラチナチャレンジを行い、プラチナエリートのなったといっても過言ではありません。クラブラウンジが使えると、ホテルステイがとても有意義になります。

もちろん38階のクラブラウンジでのチェックイン、チェックアウトとなります。

大阪マリオット都ホテルでは、1日3回のフードプレゼンテーションで、12時以降アルコールの提供もありますので、とても有意義です。

16:00のチェックアウトが可能となり、ゆっくりとした朝食、クラブラウンジで2回目のアフタヌーンティーを楽しむ

通常のチェックアウトは12:00ですが、レイトチェックアウトが16:00になるため、ホテルでの滞在がゆったりと余裕の持ったものとなります。

また、クラブラウンジでは、14:30からアフタヌーンティーが始まりますので、1泊2日の宿泊だったとしても、時間の許す限り2日目のアフターヌーンティーも楽しめてしまうので、とても有意義です。

あべのハルカスの展望台入場チケットがもらえる

大阪マリオット都ホテルの独自の特典となりますが、あべのハルカスの展望台入場チケットがもらえます。

子供まで入れると4,000円近くするので、結構お得です。さすがこの料金を払ってまで入場しようという気はしませんでしたが、頂いたチケットで入場したところ、意外に良かったです。

お部屋は53階でしたが、一面ガラス張りですので、お部屋からの景色とはまた違ったのもで、有意義でした。

料金
大人 1,500円
中高生 1,200円
小学生 700円
幼児(4歳以上) 400円

 

マリオットボンヴォイのゴールド会員、プラチナ会員になるのはとても簡単。ホテルに関心がある人、旅行好きな人なら絶対に持つべきカード、SPGアメックスカード。

エリート会員、特にプラチナ会員になると特典が多く、ホテルステイがとても有意義になります。

とても有意義なホテルステイに多少でも関心がある方でしたら、間違いなくエリート会員になった方が良いです。いや、むしろなるべきです。絶対に後悔しないですし、子供にも、奥さんにも家族にも喜ばれます。

そして、エリート会員になるのは極めて簡単です。

ちょっとでもご興味を持って頂けた方にご協力させて頂ければと思います

マリオットボンヴォイのゴールドエリートになるには、SPGアメックスカードを作るだけ

マリオット系列のホテルに宿泊日数年間25泊でマリオットボンヴォイのゴールドエリート会員資格を獲得できます。

ただ、25泊って結構多いですよね。普通にサラリーマンをやっていて、マリオット系列のホテルに25泊することはないのではないでしょうか。(もちろん私もありませんでした。)

しかし、SPGアメックスカード、アメリカンエキスプレスが発行するクレジットカードを作るだけで、マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員資格を自動的に取得することが出来ます。

SPGアメックスカードを作った時点で、あなたは高級ホテルのエリート会員です。

そして、下記で記載した「プラチナチャレンジ」にとって重要なアイテムとなるのが、このSPGアメックスカードなのです。

マリオットボンヴォイのプラチナリートになる最短コースは、「プラチナチャレンジ」

マリオット系列のホテルに宿泊日数年間50泊でマリオットボンヴォイのプラチナエリート会員資格を獲得できます。

さすが年間50泊は、普通の生活をしていたら無理ですよね。毎週どこかのホテルに宿泊する必要があります、、、

しかし、マリオットボンヴォイのプログラムの中で、プラチナエリート会員資格獲得にチャレンジできる「プラチナチャレンジ」というものがあります。

16泊マリオットボンヴォイのホテルに宿泊すると、見事、「プラチナチャレンジ」を成功させることができ、プラチナエリート会員資格を取得できるのですね。

また、16泊をする中で、SPGアメックスによるゴールドエリート会員の特典が活きてきます。宿泊毎にポイントがより多く貯まりますし、レイトチェックアウトも14:00まで、スイートまではアップグレードされないまでも、そこそこのアップグレードはされますので、16泊が苦にならない滞在となります。

私も、SPGアメックスを携えて「プラチナチャレンジ」を成功させることで、プラチナエリート会員資格を取得することが出来ました。

プラチナチャレンジの概要

  • ゴールドエリート以下の資格保有者ならだれでも挑戦可能
  • 3ヶ月以内にマリオットボンヴォイ参加ホテルに16泊することで達成
  • 宿泊料金は全て現金、キャッシュカード等での支払いが必要
  • マリオットボンヴォイのホームページやアプリでホテルを予約することが必要
  • 16泊に必要な金額は最低でも11~12万円

SPGアメックスカードを持つならプラチナリートになりましょう!!

SPGアメックスカードを作って、ゴールドリート会員になったら、いや、SPGアメックスカードを作ったのなら、プラチナチャレンジをして、プラチナ会員になりましょう。

ここまで本記事を読んで頂いたあなたは、旅行やホテルにご関心のあるものと思います。そんなあなたにも、プラチナエリートの上質なワンランク上のホテルステイを経験して頂きたいと思います。

私もプラチナ会員になったばかりですが、メリットしかないです。本当におすすめです。

ウェスティン都ホテル京都では、2泊とも一番安い部屋(50,000円程度)スイートルーム(150,000円程度)へアップグレードされて(しかも4連休などの繁忙期にもかかわらず)、無料で朝食もラウンジも利用でき、プラチナチャレンジにかかった費用は余裕で回収できてしまっています。

クラブラウンジがないセントレジス大阪などや、プラチナエリートでもクラブラウンジが無料で利用出来ないリッツ・カールトンの様なホテルもありますが、それでもスイートルームを含んだアップグレード、無料朝食、16:00までのレイトチェックアウトは極めて需要な特典です。

何度でも言いたいと思いますが、SPGアメックスカードを作ったのなら、プラチナ会員になりましょう。

 

SPGアメックスカードの最もお得なつくり方は、保有者からの紹介

プラチナチャレンジにも重要な役割を果たすSPGアメックスカードですが、お得に作る方法があります。

それはカード保有者からの紹介です。

そもそも、SPGアメックスカードを作る方法は何通りかあります。

発行方法 獲得可能なポイント
保有者による紹介 39,000ポイント
アメックスの公式サイト 33,000ポイント
ポイントサイト 33,000ポイント+α
営業マン 33,000ポイント

 

全ての方法の中で保有者からの紹介が最もお得であり、39,000ポイントがもらえる

マリオットボンヴォイでは、保有ポイントをホテルの無料宿泊やマイルに交換することが出来ます。

SPGアメックスカードで決済しますと、100円=3ポイント貯まりますので、39,000ポイントは、130万円の決済時に得られるポイントと同じ数のポイントとなります。

それが保有者からの紹介により得られることになります。

39,000ポイントの内訳

  • 入会後、3ヶ月以内に10万円以上のカード決済→30,000ポイント
  • 紹介によるポイント→6,000ポイント
  • 10万円決済時の獲得ポイント→3,000ポイント

ちなみに39,000ポイントがどの程度の価値になるかというと、大阪マリオット都ホテルは最低40,000ポイントから無料宿泊が可能となっていますので、ほぼ大阪マリオット都ホテル1泊分のポイントが獲得できるということですね。

 

保有者からの紹介以外だと33,000ポイント

一方で、SPGアメックスカード保有者からの紹介以外の方法ですと、紹介による特典の6,000ポイントがないため、概ね33,000ポイントとなります。

紹介者も紹介を行うことでポイントをもらうことが出来ますので、私もあなたもwin-winの関係ではありますが、、、

私も、周りの友人を含め何人にもSPGアメックスカードを紹介してきました。皆さん、SPGアメックスカードを使い倒し、全員がプラチナエリート会員になり、ワンランク上のホテルステイを楽しんでいます。

ここまで、本記事をお読み頂いたあなたは、旅行やホテルステイに大変ご関心がある方だと思いますし、そんなあなたにこそ、SPGアメックスカードを持って、プラチナエリーとしてホテルステイを満喫して頂きたいと思います。

 

『大阪マリオット都ホテル』の宿泊にとてもとても役に立つSPGアメックスカードのご紹介に関するお問い合わせはコチラ

 

 

-SPGアメックス, ホテル/旅館, 京都・大阪・奈良

© 2022 Hotels不動産