【ハレクラニ沖縄】クラブラウンジ宿泊 子連れ沖縄旅行②

2020-07-07

こんにちは。

 

クラブラウンジが大好きになってしまった普通のサラリーマンのfです。

連休や夏休みにクラブラウンジに宿泊することを糧に毎日頑張っています。

 

今回も前回に引き続き、ハレクラニ沖縄です。

前回(下記記事)はホテルの紹介で終わってしまいましたが、

あわせて読みたい

【どの部屋がおすすめ!?】徹底解説・ハレクラニ沖縄 2泊3日子連れ沖縄旅行ブログ

2019年7月に開業したハレクラニ沖縄。ハワイのハレクラニの姉妹ホテルとして注目を集めるホテルと言っても過言ではないでしょう。 過去10年間毎年、季節をちょっとずつ滞在月を変えて沖縄野ホテルを利用して ...

今回はクラブラウンジにフォーカスをしていきたいと思います。

 

ハレクラニ沖縄のクラブラウンジについて

ハレクラニ沖縄のクラブラウンジは、サンセットウィング棟のエントランスを入って左手にあります。

右手の方に行くと、通常のチェックインカウンターがありますので、クラブラウンジ付きの宿泊の旨をスタッフの方に伝えてるとクラブラウンジに案内され、チェックインとなります。

エントランスからの景色は、そのホテルの中で最も売り(ホテルを象徴する)景色といっても過言ではないと思います。

ハレクラニ沖縄は、エントランスと同じフロアにクラブラウンジを設けているので、ホテルで最も景色の良いロケーションであるということが言えるかと思います。

(エントランスと同じフロアにクラブラウンジを設けているホテルに、ブセナテラスやウザテラスがありますが、両ホテルともエントランスからの景色はホテルを象徴する景色となっている感じがします。)

 

クラブラウンジ利用可能なお部屋

クラブラウンジが利用可能なお部屋は、3タイプのみとなります。

  • ハレクラニクリフヴィラ(2部屋)
  • クリフヴィラ(3部屋)
  • プレミアクラブオーシャンフロント(25部屋)

 

我が家は、ヴィラに宿泊できるほどの予算もなく、プレミアクラブオーシャンフロントの宿泊でした。

 

プレミアクラブオーシャンフロントも50㎡は確保されており、十分な広さのお部屋となっています。

また、ツインベットのお部屋を予約したのですが、ベットも子供2人(6歳、2歳)が添い寝をしても十分な広でした。

(135㎝×205㎝)のベットが2台(2台繋げると270㎝×205㎝)でしたので快適に過ごせました。

 

ハレクラニ沖縄のフードプレゼンテーションは1日4回

クラブラウンジのフードプレゼンテーションのスケジュールは下記の通りとなっています。

内容 時間
ブレックファースト 7:00-10:30
ティータイム 10:30-14:00
アフタヌーンティー 14:00-16:00
カクテルタイム 17:00-20:00
スナック 20:00-21:00

 

ブレックファースト(朝食) 7:00-10:30

(朝食)につきましては、ご多分に漏れずブッフェ形式となっています。

レストラン「SHIROUX(シルー)」と「House Without A Key」でも朝食をとることはできます。

SHIROUXでは和洋のセットメニュー、House Without A Keyではブッフェとなっています。

 

我が家は、クラブラウンジを利用する際、レストランで朝食をとり、食後にクラブラウンジでデザートとコーヒーなどをとるという使い方をしています。

 

1日目にSHIROUXで朝食をとった際に和食選んだのですが、クラブラウンジでほぼ同じものが提供されており、かつ味も一緒でしたし、下手をすればクラブラウンジの方が品数が多いのではないかと思いました。

 

更に、クラブラウンジは混雑していないですし、洋食も楽しめたため、「朝食はレストランではなくクラブラウンジでとれば良かった」と大変後悔(失敗)しました。

ポイント

クラブラウンジを利用できる方は、レストランではなく、クラブラウンジで朝食をとることを強くお勧めいたします。

 

House Without A Keyは、朝食では利用しませんでした。

というのも、「House Without A Keyは14:00まで営業しているので、昼食として利用される方も多いですよ」とラウンジにのスタッフの方に勧められたからです。

 

昼食として行ったHouse Without A Keyのブッフェはとても品数が多く、味もよく大変満足できるものでした。

 

Tea Time(ティータイム) 10:30-14:00

Tea Time(ティータイム)につきましては、クッキーやフルーツなどが提供されていました。

 

アルコールの提供はなかったです。

注文すれば可能なようでしたが、料金が発生するとのことでした。

基本的にリゾートホテルに宿泊している間は飲んでいたい、という方には、少々残念な感じがします。

ただ、お部屋の冷蔵庫(ミニバー)に準備されている飲み物はアルコールを含め無料でしたので、そちらを飲んでくださいということでしょうか。

 

Afternoon Tea(アフタヌーンティー) 14:00-16:00

アフタヌーンティーは、チェックインの時間と重なるため、その時は利用者が多くなる傾向にあります。

したがって、提供される食べ物も早々になくなってします。

補充されていないお皿もありましたので、補充回数が少ないのではないかと思いました。

 

Afternon Tea(アフタヌーンティー)は、ケーキやサンドウィッチといった軽食をブッフェ形式で自分で取りに行くという形となります。

リッツ・カールトン東京や大阪のクラブラウンジで提供されるアフタヌーンティーセットはありません。

 

ケーキやサンドウィッチといった軽食につきましては、味は良かったです。

東京のケーキ屋さんで食べるものよりも美味しかったという認識です。

 

Cocktail Time(カクテルタイム) 17:00-20:00

Cocktail Time(カクテルタイム)には夕日を見ながらアルコールや軽食を楽しむことが出来ます。

 

ハレクラニ沖縄のクラブラウンジからの夕日の景色はとても素晴らしいものとなっているでしょう!!

我が家が宿泊した際には台風が接近しており、夕日は全く見ることが出来ませんでした。

夕日どころか、沖縄のきらきらとした海も拝むことはできませんでした。

代わりに、雨風が強かったためラウンジのテラスにはネットがかけられ、ある意味貴重な経験をしました。

 

もう一度リベンジをしたいと心に期しました。

 

最高のサンセットを堪能できるクラブラウンジですが、アルコールはシャンパンは2種類、ワインも数種類、生ビールも選べます。(ノンアルコールビールもありました)

子供にはノンアルコールカクテルやジュースなど、今まで経験した沖縄のホテルのクラブラウンジの中では最も充実したものとなっていました。

 

ミールについても、ホットミールが数種類、コールドミールが数種類と、こちらの点でも今まで経験した沖縄のホテルのクラブラウンジの中では最も充実したものとなっていました。

 

ホットミールがもコールドミールも美味しいため、つい手が伸びてしまいます。

ついつい長居をしてしまい、レストランに行かなくてもいいくらいの充実度となっています。

 

Snack(スナック) 20:00-21:00

Snack(スナック)は、ケーキやフルーツなどが提供されていました。

この時間になると、利用者は格段に少なくなります。夜空を見ながらゆっくり、みたいなこともしてみたかったです。。。

 

ハレクラニ沖縄のクラブラウンジのサービス

その他のサービスとして、滞在中の駐車料金が無料になります。もちろんバトラーサービスもついています。

クラブラウンジ利用者以外は1日1,500円の駐車場利用料が発生しますので、ちょっとお得でしょうか。

 

子供連れとしては気になる点ですが、

ポイント

ハレクラニ沖縄のクラブラウンジは子供も時間の制限なく利用可能です。

 

ハレクラニ沖縄のクラブラウンジはとても満足感が高い

今まで経験した沖縄のリゾートホテルの中で、ハレクラニ沖縄のクラブラウンジはNo1だと思います。

 

スタッフの方も子供にとてもやさしく接してくれてましたし、

クラブラウンジを利用できるのが30部屋に限られることもあり、混雑もなく、プレミア感を味わうことが出来ました。

 

今度は、台風の来ない時期を狙ってリベンジしたいです。

 

 

ハレクラニのクラブフロア基本情報

フードプレゼンテーションのスケジュール

内容 時間
ブレックファースト 7:00-10:30
ティータイム 10:30-14:00
アフタヌーンティー 14:00-16:00
カクテルタイム 17:00-20:00
スナック 20:00-21:00

クラブラウンジへのアクセス可能なお部屋

  • プレミアクラブオーシャンフロント(50㎡)
  • クリフヴィラ(82㎡)
  • ハレクラニ クリフヴィラ(165㎡)

年齢による利用制限

なし。未就学児の子連れでも問題なく利用可能。

夏休みにおけるおおよその宿泊料金

デラックスオーシャンビュールームの7月最終週の宿泊料金(一休.comより)

  • 1泊朝食付(2名)110,000円~120,000円(ラウンジ有り)
  • 1泊朝食付(2名)70,000円~80,000円(ラウンジ無し)

-クラブラウンジ, ホテル, 沖縄リゾートホテル

© 2022 Hotels不動産