【アフタヌーンティー・ランチ・朝食】レストラン徹底解説!! | リッツ・カールトン日光

2021-05-25

リバーサイドガーデンビュー、男体山ビューのお部屋につきましては別の記事にて紹介させて頂きましたが、食事にフォーカスを当てて書いたものではありませんでした。

今回は、リッツ・カールトン日光のアフターヌーンティーや食事についてフォーカスした記事を書かせて頂きました。

リッツ・カールトン日光をご利用の際には、ぜひお参考にして頂ければ幸いです。

あわせて読みたい

目次

【夏のリバーサイドガーデンビュー、意外に良い!!】子連れ宿泊ブログ|リッツ・カールトン日光

リッツ・カールトン日光は、2020年7月15日に開業しました。日本国内にあるリッツ・カールトンの中では、東京、京都、大阪、沖縄に次いで5軒目となります。 「一泊10万円を超えるけれど、実際のところどう ...

【どの部屋がおすすめ!?】男体山ビューとリバーサイドガーデンビュー、子連れ宿泊ブログ|リッツ・カールトン日光

2020年7月に宿泊した際には、温泉があるから冬に再訪したいと考えていたので、開業当初の2020年7月に続き、2021年4月に再訪してきました。 なお、前回も今回も、SPGアメックスの無料宿泊特典での ...

 

レストラン、ラウンジは朝食、ランチ、ディナーのどれもやはりどれも美味しい

リッツ・カールトン日光には2つのレストラン(日本料理 BY ザ・リッツ・カールトン日光、レークハウス)、1つのラウンジ(ザ・ロビーラウンジ)、1つのバー(ザ・バー)があります。

リッツ・カールトンの食事はどこでも美味しいですが、リッツ・カールトン日光においても例外なく美味しいです。朝食に至っては、国内のリッツ・カールトンの中ではコロナ禍においては充実度の極めて高いものになっているのではないかと思います。

まず、4か所のレストラン等について紹介させて頂きます。

 

『ザ・ロビーラウンジ』

エントランスを入った突き当りにあります。アフタヌーンティーが提供される13:00~16:00の時間帯では席が一杯になる感じですが、それ以外の時間帯はとても心地よい空間となっています。

  • 営業時間:11時00分~17時00分(L.O. 16時30分)
  • 席数:32席(テラス:6席)
  • ドレスコード:カジュアルエレガント
  • 子供の利用:制限なし
  • 喫煙:テラスを含め全席禁煙
  • 詳細:こちら
  • マリオットボンヴォイ会員の特典なし

 

『日本料理 BY ザ・リッツ・カールトン日光』

会席、寿司、鉄板焼きが楽しめ、ランチ、ディナーも利用できるレストランとなっています。ディナーの予約は比較的取りやすいです。

ホテル宿泊者の朝食会場にもなっているレストランです。

  • 営業時間:ランチは土曜日のみ、ディナーの寿司は当面休み
<平日、日曜、祝日> 営業時間
会席 17:00 ~ 20:00(L.O. 19:00)
寿司 当面休み
鉄板焼き 17:00 ~ 20:00(L.O. 19:00)
<土曜> 営業時間
会席・寿司 12:00 ~ 15:00(L.O. 14:00)
会席・寿司・鉄板焼き 17:00 ~ 21:00(L.O. 20:00)
  • 席数:86席(テラス:28席)
  席数
会席 56席(テラス:28席)
寿司 8席
鉄板焼き 12席
個室 10席
  • ドレスコード:カジュアルエレガント
  • 子供の利用:制限なし
  • 喫煙:テラスを含め全席禁煙
  • 詳細:こちら
  • マリオットボンヴォイ会員の特典なし

 

『レークハウス』

人気のあるレストランです。ディナーは、2度の滞在で2回ともキャンセル待ちでしたので、ホテル予約時に予約することをおすすめ致します。

ディナーでは利用できませんでしたが、ランチで利用させて頂きました。『ザ・ロビーラウンジ』のメニュー(アフタヌーンティーを除く)をこちらのレストランで注文することもできます。

また、リッツ・カールトン日光においては、『レークハウス』のみマリオットボンヴォイのレストラン特典が適用されます。

  • 営業時間:土曜のみ営業時間が21時まで
<平日、日曜、祝日> 営業時間
ランチ 11:00 ~ 15:00(L.O. 14:00)
ディナー 17:00 ~ 20:00(L.O. 19:00)
<土曜> 営業時間
ランチ 11:00 ~ 15:00(L.O. 14:00)
ディナー 17:00 ~ 21:00(L.O. 20:00)
  • 席数:41席(テラス:36席)
席数
1階 19席(テラス :22席)
2階 22席(テラス:14席)
  • ドレスコード:カジュアルエレガント
  • 子供の利用:制限なし
  • 喫煙:テラスを含め全席禁煙
  • 詳細:こちら
  • マリオットボンヴォイ会員の特典あり(ゴールド会員:15%off、プラチナ会員:20%off)

 

『ザ・バー』

  • 営業時間:
平日、日曜、祝日 16:00 ~ 20:00(L.O. 19:00)
土曜 16:00 ~ 21:00(L.O. 20:00)
  • 席数:18席(テラス:8席)
  • ドレスコード:カジュアルエレガント
  • 子供の利用:制限なし
  • 喫煙:テラスを含め全席禁煙
  • 詳細:こちら
  • マリオットボンヴォイ会員の特典なし

 

アフタヌーンティーは美味しいものの、ティーを日本茶にする必要性はあるのだろうか、、、、

リッツ・カールトン日光でもアフタヌーンティーを楽しむことが出来ます。

栃木県ということもあり、いちごを多く使ったものとなっており、とても美味しかったです。

ただ、飲み物(ティー)がなぜか、日本茶になっています。個人的には、敢えて日本茶でなくても良いかと思いました、、、

 

アフタヌーンティーが提供されるのは、『ザ・ロビーラウンジ』

メインエントランスを入って突き当りにある『ザ・ロビーラウンジ』にて、アフターヌーンティーは提供されます。

とても開放的な空間でソファーも座り心地が良いので、長居したくなるようなところでした。

また、ホテルのチェックインは15時からとなっていますので、13時30分にアフターヌーンティーを予約すると良いかと思います。

アフターヌーンティーの事前の予約は必須

また、アフターヌーンティーの事前予約は必須です。

アフターヌーンティー利用者の中には宿泊者ではない方もいらっしゃいましたし、数としても限りがあるようです。

ご利用の際には、ホテルの宿泊予約と合わせて事前に予約しておくことをおすすめします。

なお、我が家が利用した時には、全席満席でした。

子連れファミリーがやはり多い

利用者の客層ですが、宿泊者と同じように小さい子供れのファミリーが7割くらいです。ただ、子供はうるさいと感じたことはなかったです。

また、40、50代のカップルや若い女性同士で来られている方々も見受けられました。

 

見た目、味ともに素晴らしいアフターヌーンティー

写真は2人前となります。

いちごが多く使われたものとなっています。やはり、リッツ・カールトン。

とても美しく、美味しかったのですが、我が家は2人女の子の未就学児がいるのですが、大人2人分ではやや足りない感じがしました。

 

ティーは日本茶から選択し、3杯まで提供される

ティーは、上記の茶葉の中から一つを選びます。

アフターヌーンティーセットのお茶は6種類の中から選ぶことになります。

選んだ同じ茶葉で3杯までお茶を楽しむことが出来るセットとなっています。味わいの変化を楽しむことが出来、同じお茶でここまで味が変わるのか、と感心しました。

やはり、個人的には、紅茶でも良いのではないかと思いましたが、、、(野暮でしょうか)

リッツ・カールトン日光のアフタヌーンティー

アフタヌーンティーのお茶のメニュー

 

ザ・リッツ・カールトン日光クラブサンドイッチも絶品

アフターヌーンティーを大人2人分注文していましたが、子供がいると必ずしもボリュームが十分ではありませんので、「ザ・リッツ・カールトン日光クラブサンドイッチ」を注文しました。

これで3,700円(税サ込)。。

やはりリッツ・カールトンといった値段ですが、とても美味しかったです。

個人的には、リッツ・カールトン沖縄のサンドイッチの方がおいしいかと思いました。

 

注意!!『ザ・ロビーラウンジ』では、ボンヴォイ会員の割引適用なし

SPGアメックスカードを保有するマリオットボンヴォイのゴールド会員には、レストランの利用時に15%offの特典があります。

しかし、リッツ・カールトン日光の『ザ・ロビーラウンジ』においては、この特典はありません。

東京、大阪、京都、沖縄のいずれのロビーラウンジにおいても、15%offの特典適用されるのですが、日光のロビーラウンジにおいては当該特典が適用されませんので、お気をつけてください。

 

アフターヌーンティーの料金は、6,300円/人

リッツ・カールトン日光のアフターヌーンティーの料金は6,300円(税サ込)となっています。

『ザ・ロビーラウンジ』での支払いにおいては何の割引も適用されませんので、アフターヌーンティー2人分とクラブサンドイッチ合計16,300円(税サ込)でした。

メニュー 料金
アフターヌーンティー 6,300円(税サ込)×2人分
ザ・リッツ・カールトン日光クラブサンドイッチ 3,700円(税サ込)
合計 16,500円(税サ込)

 

『レークハウス』のランチはアラカルトで

『レークハウス』は、ディナーの予約が取れなかったので、ランチで行ってきました。

チェックイン時にディナーのキャンセル待ちは極めて難し旨伝えられましたので、翌日のランチの予約をしたのですが、ランチの時間帯はそこまで混雑していませんでした。我が家が利用したのは日曜日でしたが、土曜日だと状況は変わるかもしれません。

朝食もそれなりにボリュームがあり、そんなにお腹が空いていない状況でしたので、コースは頼まずアラカルトで3品頼んだだけでした。

でも、アラカルトでも十分なボリュームとなっています。

リッツ・カールトン日光のレストラン

カウンター席

 

ザ・リッツ・カールトン日光 黒毛和牛バーガー

『レークハウス』でのアラカルトメニューには載ってなく、『ザ・ロビーラウンジ』でのメニューに載っていたのですが、どうしても試したくて聞いてみたところ、『レークハウス』でも注文可能とのことでした。

1個4,400円(税サ込)です。リッツ・カールトン沖縄の喜瀬バーガーが3,200円ということを考えるとやや高いかなぁ、という印象ですが、とても食べ応えがり、とても美味しかったです。

リッツ・カールトン日光に行った際にはご注文されることをおすすめします。

ザ・リッツ・カールトン日光 黒毛和牛バーガーは『レークハウス』で食べるとお得

マリオットボンヴォイの会員は、『レークハウス』ではレストラン割引特典を受けることが出来ます。

SPGアメックスを保有するとゴールド会員は15%offですので、1個3,740円(税サ込)となります。

注文する場所が違うだけで料金が変わってきますので、どうせ食べるのであれば、『レークハウス』で食べることをおすすめします。

 

パスタ(タリアテッレのカーチョ・エ・ぺぺ 春野菜と今牧場チーズ”りんどう”)

リッツ・カールトンはやはり何を食べても美味しいというのが感想です。

こちらのパスタ料理は、ランチセットメニューの中でパスタかピッツァを選らぶにあたってのパスタ料理です。

なお、写真は麺大盛となっており、プラス800円でした。

焼きたてのパンもついてくる

パスタを注文したところ、焼きたてのパンがついてきました。

お腹がそんなに空いていなかったのでほとんど食べられませんでしたが、ふっくらとしたパンでした。

リッツ・カールトン日光のランチ

袋の中の様子

 

レークハウスミルフィーユ 栃木県産とちおとめ

デザートとして頼みましたが、こちらはランチセットのメニューには入っていないものとなります。

 

『レークハウス』では、マリオットボンヴォイのゴールド会員は15%off

リッツ・カールトン日光のレストランの中で唯一『レークハウス』は、マリオットボンヴォイのゴールド会員は15%off、という特典が適用されます。

ランチセットは、前菜、パスタorピッツァ、デザートで5,800円(税サ込)です。

アラカルトで頼んで約8,500円でしたし、家族4人でも十分なボリュームでしたので、セットよりもアラカルトの方が良いのではないかとも思いました。

下記会計内容です。

メニュー 料金
リッツ・カールトン日光黒毛和牛バーガー 4,400円(税サ込)
タリアテッレ(パスタ) 2,900円(税サ込)
+パスタ大盛 800円(税サ込)
レークハウスミルフィーユ 2,000円(税サ込)
合計 10,100円(税サ込)
15%off割引後支払金額 8,585円(税サ込)

 

宿泊者向けの朝食は、『日本料理 BY ザ・リッツ・カールトン日光』にて提供

ホテル宿泊者の朝食会場は、『日本料理 BY ザ・リッツ・カールトン日光』となります。

コロナ禍において、デザートなどについては一部ブッフェ形式になっていますが、基本的にはセットでの提供です。

リッツ・カールトン日光の朝食

デザートブッフェ

 

朝食は、和か洋かどちらを選ぶか悩ましい、、、

リッツ・カールトン日光の朝食も和か洋かどちらかを選ぶことになります。

私も妻も2回の滞在の何れとも洋定食を選んでいるので、和定食がどの様な感じになってるか正直わかりません。洋食については上記の写真の様な感じになっており、奇麗に盛り付けがなされ、さながら宝石箱の様な感じを受けます。

洋食は、セットの他に前菜、パンの盛り合わせ(食べ放題)、飲み物(お代わり可能)がつきます。

リッツ・カールトン日光の朝食

前菜

リッツ・カールトン日光の朝食

パンの盛り合わせ

ただ、リッツ・カールトンは和食も美味しいので、レークハウスで昼食を摂るということを考えると、和食でも良いかもしれません。

次回訪れた際には和食を選択してみたいです。

リッツ・カールトン日光の朝食

朝食のメニュー

 

朝食代は、基本的に大人7,500円も。。。。マリオットボンヴォイのゴールド会員以上は30%off

見た目にも美しく、味も美味しい、リッツ・カールトン日光の朝食ですが、大人7,500円(税サ込)となっています。

マリオットボンヴォイの会員はレストラン特典は、朝食にも適用されませんので、基本は7,500円(税サ込)です。

しかし、リッツ・カールトン日光独自のプランとして30%offとなっていました。マリオットボンヴォイのゴールド会員以上であれば朝食は30%offとなります。

 

子供メニューもあります。1,500円(税サ別)

子供の朝食も用意されています。1,500円(税サ別)となっていますが、我が家は2歳、6歳で無料でした。

なお、マリオットボンヴォイの会員については、12歳未満は無料になっています。

 

SPGアメックスカードを保有することにより支払額は約41%減

SPGアメックスカードを保有すると、マリオットボンヴォイのゴールド会員になることが出来ます。

マリオットボンヴォイのゴールド会員になると朝食に係る支払金額は約41%減ります。

<マリオットボンヴォイの会員ではない場合> 料金
大人 7,500円(税サ込)×2人
子供 1,800円(税サ込)×2人
合計 18,000円(税サ込)
<マリオットボンヴォイのゴールド会員> 料金
大人(30%off) 5,250円(税サ込)×2人
子供(無料) 0円
合計 10,500円(税サ込)

 

 

リッツ・カールトン日光の宿泊・食事にとてもとても役に立つSPGアメックスはこちら

リッツ・カールトン日光の宿泊・食事に当たって、とても有効なSPGアメックスについて、入会した方がいい人、入会しない方がいい人につきて記事を書かせて頂きましたの御参考にして頂ければ幸いです。

 

SPGアメックスカードのご紹介に関するお問い合わせはコチラ

 

 

-SPGアメックス, ホテル/旅館, 日光

© 2022 Hotels不動産