【どの部屋がおすすめ!?】男体山ビューとリバーサイドガーデンビュー、子連れ宿泊ブログ|リッツ・カールトン日光

2021-05-10

2020年7月に宿泊した際には、温泉があるから冬に再訪したいと考えていたので、開業当初の2020年7月に続き、2021年4月に再訪してきました。

なお、前回も今回も、SPGアメックスの無料宿泊特典での宿泊でしたので、宿泊料金はSPGアメックスの年会費相当額(税込み34,100円)です。

 

目次

冬は男体山ビュー、夏はリバーサイドガーデンビューがおすすめ。ただ、夏のリバーサイドガーデンビューは特におすすめ

夏でも中禅寺湖周辺は涼しいので温泉は気持ちいいのですが、真冬ではないものの、4月上旬の日光も1桁台の気温であり、温泉に入るには気持ちの良い季節だと実感しました。

温泉に入ることが目的であるのであれば、やはり寒い時期に行く方が良いでしょう。

また、お部屋ということになると、夏であればリバーサイドガーデンビュー、寒い時期であれば男体山ビューがおすすめです。(中禅寺湖ビューはまだ経験がないのでわかりません、、、)

夏であればリバーサイドガーデンビューは、窓の外は緑が茂る樹々に囲まれ森の中のお部屋みたいな感じを味わえます。男体山ビューですと、その感じはないのではないかと思います。

一方で、緑が無くなる寒い時期では、緑が茂る樹々に囲まれ森の中のお部屋ではなくなり、男体山がきれいに見えるで、男体山ビューのお部屋がおすすめです。

 

 

2回目のリッツ・カールトン日光で感じたこと

宿泊者層は日本人がほとんどでファミリー8割、カップル1割、グループ1割

館内、チェックイン、チェックアウトで宿泊者を見ていると、ファミリー8割カップル1割グループ1割の感覚です。とにかく子供連れのファミリーが多かったです。

客室が全部で94室しかない中規模のホテルということで、子供が多いという感じを受けますし、特に大浴場では子供を見ないことがありませんでした

それでも、騒ぐような感じはないので、子供がうるさいということはありませんでした。

コロナ禍でも関係なく、宿泊客は多いものの、外国人はほとんどいない

リッツ・カールトン日光はコロナ禍での開業となり、訪日外国人が4,000万人という時代の恩恵を受けていないホテルですが、コロナ禍でも関係なく稼働率は良いようです。

リッツ・カールトン東京など都会のリッツ・カールトンは稼働率が低いものの、日光はむしろ密を避けられるということで、稼働率は高い状態を維持できていると、スタッフの方が仰っていました。

高い稼働率も、そのはとんどは日本人で、外国人の方は2回の滞在で2~3組程度でした。

 

中禅寺湖ビューへのアップグレードはやや難しい

一度目の訪問時も二度目の訪問時もSPGアメックスの更新に伴う無料宿泊特典を利用しての宿泊でした。

リバーサイドガーデンビューのお部屋を予約したのですが、日本人の宿泊客で高稼働を維持しているためか、中禅寺湖ビューへのアップグレードは二度とも叶いませんでした。

二度目の訪問時は平日でしたが、男体山ビューへ1段階アップグレードされたものの、中禅寺湖ビューのお部屋は当日予約のお部屋を残して全て埋まっているとのことで、中禅寺湖ビューへのアップグレードは叶いませんでした。

リッツ・カールトン日光での中禅寺湖ビューへのアップグレードは、コロナ禍かつ平日と言えども難しいのではないかと感じました。

 

チェックインは15:00、 チェックアウトは12:00

リッツ・カールトン日光のチェックインは、15:00からとなっており、最終チェックインは24:00となっています。

一度目の訪問時には、ロビーでのチェックインとなりました。チェックインで待っている方は、廊下の待合スペースで待っている様子でしたが、二度目は、エントランスを入った突き当りのロビーラウンジでのチェックインとなりました。

運用が改善したということになろうかと思います。

チェックアウトは12:00となっています。

 

チェックイン前にロビーラウンジでのアフターヌーンティーを楽しむことで、リッツ・カールトン日光を多く楽しむことが出来る

15:00からチェックインとなりますが、13:30くらいからロビーラウンジでアフターヌーンティーを楽しむと、ホテルでの滞在が有意義になると感じました。

一度目の訪問時には15:00前にチェックインして温泉に入ってホテルでゆっくりすることは出来たのですが、13:30くらいからロビーラウンジでアフターヌーンティーを楽しんだ二度目の訪問の方がリッツ・カールトン日光をより楽しむことが出来ました。

アフターヌーンティーを楽しむのであれば、お昼過ぎということで事前にホテルに連絡して頂ければと思います。(数に限りがあるようです。)

 

また、SPGアメックスカード保有でチェックアウトは14:00まで延長可能に

通常のチェックアウトは12:00となっています。

しかし、SPGアメックスカード保有者は次の日の予約の状況にもよりますが、1400まで無料で延長することが出来ます。14:00まで延長することが出来ると、朝ゆったりと温泉に入ることが出来ますし、ゆっくりと朝食を摂ることが出来ますのでとてもありがたいです。

ただ、大浴場は、12:00~14:00までの時間は清掃のため利用が出来ませんので、利用する際にはお昼の12:00までとなります。

ぜひレイトチェック、SPGアメックスカードを持つことをおすすめします。

 

リッツ・カールトン日光の客室タイプは通常タイプの3種類とスイートが2種類

リッツ・カールトン日光のお部屋タイプは全部で5種類あります。通常タイプのお部屋で3種類、スイートルームで2種類となります。

リッツ・カールトン日光はL字型に建物が作られており、リバーサイドガーデンビューや男体山ビューのお部屋はL字の縦の部分(北側)の建物に配されています。

一方、中禅寺湖ビューのお部屋はL字の横の部分(西側)の建物に配され、スイートルームは男体山、中禅寺湖を望むことが出来るL字の角の所に位置することとなります。

 

リバーサイドガーデンビュー
室数 広さ 階数 宿泊経験 料金目安
57㎡ 北側 1-3階
男体山ビュー
室数 広さ 階数 宿泊経験 料金目安
57㎡ 北側 1-4階
中禅寺湖ビュー
室数 広さ 階数 宿泊経験 料金目安
57㎡ 西側 3-5階 ×
中禅寺湖ビュー スイート
室数 広さ 階数 宿泊経験 料金目安
9 115㎡ 西側 4,5階 ×
ザ・リッツ・カールトン・スイート
室数 広さ 階数 宿泊経験 料金目安
1 277㎡ 西側 5階 ×

 

通常タイプのお部屋は、お部屋のつくり、備品などは同じ(違うのは景観だけ)

通常タイプのお部屋は、図面の上と下が入れ替わることはあるものの基本的に全て同じつくりとなっています。また、置いてあるアメニティなども一緒です。違うのは景観のみとなります。

リッツ・カールトン日光のお部屋

ベット&ダイニング

リッツ・カールトン日光のお部屋

バルコニー

 

リッツ・カールトン日光のお部屋

ベットからパウダールーム

リッツ・カールトン日光のお部屋

パスダ―ルーム&バスルーム

リッツ・カールトン日光のお部屋

コーナーソファー

リッツ・カールトン日光のお部屋

ウォークインクローゼット

リッツ・カールトン日光のお部屋

ミニバー

リッツ・カールトン日光のお部屋

お部屋の扉&廊下

 

男体山ビューのお部屋からの景色

縁側に出ると、男体山を間近に臨むことが出来ます。晴れていると、山頂まできれいに臨むことが出来ます。3月だと木の葉が茂っていないですが、葉の生い茂る新緑の時期以降になると、下の様な写真になるため、果たしてきれいに男体山が見られることになるのでしょうか、、、

下の写真は7月の樹々の様子ですが、個人的には、葉の生い茂る時期に訪れると、緑に囲まれとても清々しい気持ちになるので、こちらの方が好きだったりするのですが。。。

リッツ・カールトン日光のお部屋

葉の生い茂る夏の景色

また、中禅寺湖の方を見ると、樹々の間から中禅寺湖を遠くに臨むことが出来ます。

リッツ・カールトン日光のお部屋

男体山ビューのバルコニーから望む中禅寺湖

ダイニングからの景色は、男体山ビューではあるものの、全てが見られるわけではありませんでした。

また、急に天候が悪くなった時には前が全然見えない状況になりました。それはそれで神秘的ではありましたが、やはり晴れているときの方が良いですね。

リッツ・カールトン日光のお部屋

ダイニングからの景色

リッツ・カールトン日光のお部屋

悪天候時の景色

 

一度目の宿泊と二度目の宿泊で変わっていたもの

一度目の宿泊ではあったのもが二度目の宿泊時にはなくなっていたり、品が変わっていたものがありましたので紹介させて頂きます。

1. 瓶入りのおつまみが提供されなくなった

一度目の宿泊時には、写真の様なおつまみが提供されていたのですが、二度目の宿泊時には提供されなくなっていました。コストカットの一環でしょうか、、、かりんとう、柿の種で美味しかったのですが、残念です。

リッツ・カールトン日光のお部屋

おつまみ

 

2. 備え付けの下駄が履きにくくなった

大浴場に行く時には、部屋に備え付けられた下駄を履いていくことになりますが、下駄が変わっていました。どちらかというと悪い方に変わっており、2021年3月時のものは、履いているとだんだん足が痛くなってきます。

足が痛くなってきたので、前回もこんな感じだったか、見返したところ、やはり変わっていました。個人的には前のものに戻してもらいたいと思いましたが、維持コストなどがかさむのでしょうか、、、

リッツ・カールトン日光のお部屋

2020年7月宿泊時の下駄

リッツ・カールトン日光のお部屋

2021年3月宿泊時の下駄

 

3. アイスの提供が簡素かつ味が落ちた!?

マリオットボンヴォイの会員であれば子供がもらえる特典のアイスですが、提供方法が竹の入れ物からプラスチックに変わっていました。前回は、キャラメルやチョコなど大人が食べても美味しかったのですが、今回はそれは無くなった上に味が落ちていました。(納入業者でも変えたのでしょうか)

リッツ・カールトン日光の特典

2020年7月宿泊時のアイス

リッツ・カールトン日光の特典

2021年3月宿泊時のアイス

 

リッツ・カールトン日光のアフタヌーンティーはおすすめだが、やはりクラブラウンジは欲しい!!

2度目の宿泊時においては、アフタヌーンティーを楽しみました。

それはそれで、満足度は高かったものの、東京、大阪、沖縄のクラブラウンジの質がピカ一のリッツ・カールトンだからこそ、やはり期間限定でもいいのでクラブラウンジは設けて頂きたいと思いました。

 

リッツ・カールトン日光のレストランはとても美味しいが、ディナーは予約が取れない場合が多い

リッツ・カールトン日光で食事ができるのは、『日本料理 BY ザ・リッツ・カールトン日光』、『レークハウス』、『ザ・ロビーラウンジ』の3ヶ所となります。

朝食会場になる『日本料理 BY ザ・リッツ・カールトン日光』の朝食は秀逸です。国内のリッツ・カールトンの中でも、日光の朝食は見た目、味ともに素晴らしいです。

『レークハウス』はディナー時には予約で満席となります。1週間前の予約でも、キャンセル待ちとされました(結局キャンセルは発生せずでした)。

『日本料理 BY ザ・リッツ・カールトン日光』でもディナーはありますが、朝食を提供するレストランですので、敢えて行く必要もないか思い、行っていません。こちらのレストランであれば、ディナー時にも多少の余裕はあるようでした。

『ザ・ロビーラウンジ』は、アフタヌーンティーが提供されるラウンジですので、ディナーという点ではやや違うかと思いました。

 

 

リッツ・カールトン日光から徒歩1分の『鮨 くろさき』は非常におすすめ

リッツ・カールトン日光のレストラン『レークハウス』はディナーの予約が取りずらく、ともするとディナー難民になるリスクがあります。

『日本料理 BY ザ・リッツ・カールトン日光』に行くことやインルームダイニングを注文することもできますが、ホテルから徒歩1分のところにとても美味しい寿司屋さんがありますので、ぜひ訪れてみてください。

上握りセットで2,500円。家族4人で行っても10,000円でおつりがくる

写真の様な、上握りのセットが2,500円です。これはとても美味しく、同じものリッツ・カールトン日光に食べたら、倍以上の値段になるのではないかと思います。

ビールが7~800円、日本酒が1合で1,000円しないくらいですし、アラカルトでの握りもあり、家族4人で行っても10,000円でおつりがくる水準でした。

こちらは本当におすすめです。

客の8割はリッツ・カールトン日光の宿泊者

7時過ぎに入店したのですが、7組くらいお客さんのうち6組がリッツ・カールトン日光の宿泊者の様でした。

その日は雨で、リッツ・カールトン日光の傘をさして店に行ったら、リッツ・カールトン日光の傘が所狭しと傘立てにさしてありましたので、リッツ・カールトン日光の宿泊者の方も多く利用しているようです。

 

リッツ・カールトン日光の近隣観光地

日光には観光地が多くありますが、日光東照宮はリッツ・カールトン日光からは車で30分程度となります。

一方で、修学旅行でも行かれたことが多いかもしれませんが、華厳の滝は徒歩3分です。散歩がてらに訪れるの良いかもしれませんね。

また、奥日光の方に行く途中での湯ノ湖あたりでは、何匹も野生の猿と遭遇することが出来ます。子供連れにはいいかもしれませ。

日光と言えば外せない『華厳の滝』は、徒歩3分

リッツ・カールトン日光から徒歩3分です。

ホテルを出て二荒橋前のT字路の交差点を右折して直ぐです。車で行くこともできますが、華厳の滝の駐車場は有料ですので、散歩がてら歩いて行かれることをおすすめ致します。

 

奥日光に向かう途中では、野生の猿も

戦場ヶ原を超え、奥日光の方に行く途中での湯ノ湖あたりで野生の猿に何十頭も遭遇することが出来ます。

車の窓を開けることはお勧めできませんが、車の中から野生の猿を間近で鑑賞することが出来ますので、個人的にはおすすめポイントだと思います。

子供がいる方にはぜひおすすめです。

 

 

リッツ・カールトン日光の宿泊・食事にとてもとても役に立つSPGアメックスはこちら

リッツ・カールトン日光の宿泊・食事に当たって、とても有効なSPGアメックスについて、入会した方がいい人、入会しない方がいい人につきて記事を書かせて頂きましたの御参考にして頂ければ幸いです。

 

SPGアメックスカードのご紹介に関するお問い合わせはコチラ

 

-SPGアメックス, ホテル/旅館, 日光

© 2022 Hotels不動産